小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.04.20更新

あ
rabbit低血糖のうさぎ


あ

 診療時間前でしたが、ウサギが急に横になったので、診療してほしいと依頼がりました。都内のオーナーが川崎市多摩区の友人に預けたウサギです


耳介動脈の確保ができ、点滴・酸素吸入をおこないました。---------------------------------------------------------------------

■血液・生化学検査も平行しておこないました。
赤血球486×104 (/ul)PCV40.2(%)Hb12.4(g/dlMCV57(fLMCHC 30.8(pg)TPP 6.4g/dlICTII 6、白血球(/ul) 2200Seg1419・Lm426y•Mon71)血小板 少ない

TP6.2 正常値
5.0-7.2g/dl)、Alb4.8 正常値2.6-4.0g/dl)、AST43 正常値17-44IU/L)、ALT94 正常値17-78IU/L)、ALP106 正常値47-333(IU/LGGT23 正常値5-14IU/L)、T-Bil0.6 正常値0.1-0.5mg/dl)、BUN 42.1 正常値9.2-29.2mg/dl)、CR1.0 正常値0.4-1,4mg/dl)、Ca13.6 正常値9.3-12.1mg/dl)、IP7.5 正常値1.9-5.0mg/dl)、T-cho31 正常値111-311mg/dlTG1 正常値30-133mg/dl)、GLU12 正常値75-128mg/dlCPK2000 正常値49-166mgdl

---------------------------------------------------------------------
ブドウ糖を静脈内に投与したところ下記のように回復はしました。


 後日検査でインスリンレベルは低く、エコーでもマスはありませんでした。お話をきくと、友人にあずけて健康状態が悪くなったため、犬でいう非定形アジソンを疑っていますが、診断するまでの検査はできませんでした。4日後に退院して都内の自宅では元気でいるそうです。
 ウサギはストレスに弱く、友人にウサギを預けると、健康状態が悪くなることは、よくあります。

 この症例のような低血糖のウサギは4-5歳で診られることが多く時々来院します。ふらつく症状がみられる場合は、ウサギの診療可能な動物病院で診療してもらってください。


 direウサギの病気
rabbitright arrowウサギの乳腺腫瘍
rabbitright arrowウサギの眼科関連疾患
rabbitright arrowウサギの強直性痙攣
rabbitright arrowウサギ皮膚糸状菌症


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あ
flower2木下沢梅林

 
 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索