小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2024.02.12更新

 

あ

 mousechickハムスターと小桜インコのイエダニ(学名: Ornithonyssus bacoti )感染


 ご注意 

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、
インターネットに記載されている薬剤などの

電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。
当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。
 


  1
  1歳ハムスターの小屋を2種間ぶりに掃除をしたら、沢山のダニがでてきて来院したケースです。来る前、歯ブラシでおとしてからきたので、写真では黒い虫は一点見られるだけですが、相当数が感染していたそうです。
 このオーナーは3日前に小桜インコにダニらしきものが感染したため来院しました。当院では小桜インコからダニらしきものは発見されず、経過観察にしていました。
 オーナーは激しい痒みを訴えていました。

1
 ハムスターの小屋には赤矢印のようなダニが沢山見られました。

1
 少し力が入るとすぐに崩壊して、血液が見られます。

1
 大量に感染していたためハムスターの小屋からダニの採取は簡単にできました。

1
顕微鏡所見(×400倍)。イエダニ(学名: Ornithonyssus bacoti )が見られました。

1
オーナーさんもダニに刺され(赤矢印)激しい痒みを訴えていました。

 イエダニはネズミに感染するダニで、ネズミに近いハムスターへの感染は深刻です。またヒトにも頻繁に被害を与えることが報告されています。このオーナーは小桜インコにも感染が見られたと推定されます。

当院ではウサギに感染した症例も見たこともあります。

 治療は歯ブラシで皮膚に付着したイエダニを採ってもらいました。また使用している小屋、物などをまめに熱湯消毒してもらいました。

ハムスターにはレボリューション®を皮膚にたらしました。(イエダニへの効果は不明)

以上の処置を行なったところ2週間後、ハムスターのイエダニ感染はなくなり、オーナーの痒みもなくなりました。

なお、このオーナーはイヌも飼育しており、地元の掛かりつけ獣医師からフィプロニール製剤を処方され、月1回、皮膚に滴下しているそうです。

フィプロニール製剤はイヌ、ネコには良い薬剤ですが、ウサギ、ハムスター、モルモットなどには禁忌です。

間違えても使用しないよう伝えました。


 【関連記事】

■ chick鳥類のシラミ

dog 犬疥癬はヒトに接触感染します。

dogボーダーコリーの疥癬症

rabbitイエダニ(学名: Ornithonyssus bacoti )感染のウサギ

rabbitフィプロニール(Fipronil)はウサギ始めエキゾチック動物には禁忌です。




calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 
 

 


 

投稿者: オダガワ動物病院

2023.09.08更新

 

あ mouseハムスターのアレルギー 


    padご注意

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、

インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。

当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。


1

痒みを主訴に来院した1.5歳のハムスターです。

ニキビダニ陰性、細菌検査、真菌陰性でステロイドを投与したところ痒みがよくなりました。
ステロイドを減量していき、辞めました再発したため来院しました。

今回もニキビダニ陰性、細菌検査、真菌陰性でステロイドを処方しました。
よくなったら3-4日に1回ステロイドを飲まして維持してゆく必要がある旨を伝えました。

 


 bookリンク

 

 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


 

 

投稿者: オダガワ動物病院

2023.07.26更新

 

あ chickハムスター、下唇の『赤いできもの』


   padご注意

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、

インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。

当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。


1
昨日、約1歳のジャンガリアンハムスターの下唇に『赤いできもの』が見えることで来院しました。(黒矢印)
拡大鏡で見ると、サクランボ様のものが下唇に付着していました。

1
『赤いできもの』はハムスターが治療に協力的だったので、無麻酔でヒト眼科用のハサミで切除しました。
切除したものは病理検査をお願いしました。
なお無麻酔の切除はすべてのハムスターにできる訳ではありません。

 

病理の結果
切除された左下唇腫瘤は明らかな腫瘍性変化はなく、マクロファージ、多核巨細胞、好中球が観察され化膿性肉芽腫炎症と診断されました。今後は良好な経過をとる場合が多いそうですが、病変のマージンは不明瞭なため注意が必要とのことです。


 bookリンク

 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


 

 

投稿者: オダガワ動物病院

2023.01.18更新

 

あ mouseハムスターの皮膚膿瘍


    padご注意

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、

インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。

当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。


 

あ
(写真1)

1歳3ケ月の雄のゴールデンハムスターの右腹部に『しこり』が見つかり来院しました。筋層との癒着はなく元気、食欲には問題ありません。

1
(写真2)

『しこり』を細胞診しました。(写真2)好中球(白血球の一種)が主体で、膿瘍と診断しました。

ハムスターは皮膚に膿がたまることがあります。特徴として抗生剤で治りにくいことで、手術によって摘出が必要なこともあります。

本日は初診なため抗生剤の投与で経過を追うことにしました。 


 bookリンク

 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


 

 

投稿者: オダガワ動物病院

2022.10.13更新

 

あ mouseハムスターの腰部、赤い『しこり』


   padご注意

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、

インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。

当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。


 あ

2.5歳のゴールデンハムスターが腰のあたりを気にすることで来院しました。
診療すると『赤いしこり』があり、この『しこり』が自壊して舐めていたみたいです。

あ
(写真2)

針で『赤いしこり』を吸引すると約1mlの血液がとれました。(写真2)

あ
(写真3)

採れた血液を顕微鏡で診ましたが細胞診では腫瘍性変化は診られませんでした。(写真3)針で吸引する細胞診では診断の限界はあります。

触診では『しこり』が触れられ、総合的に判断して悪性か良生はまでは不明ですが、皮膚腫瘍を疑った症例です。これ以上は手術して摘出しないことにはわかりません。

年齢が2.5歳と高齢なことより手術はやめて、抗腫瘍性サプリメントで様子をみることにしました。


 bookリンク

 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2022.09.12更新

 

あ mouse前歯が長くなったジャンガリアンハムスター (重症例)


 

padご注意
このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、

インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。

当院での薬剤希望の方はペットをつれて診療時間内に来院ください。


 

あ
(写真1)前歯が長くなった1歳半ジャンガリアンハムスターが来院しました。重症例

あ
(写真2)げっ歯類のニッパで切除しました。

ハムスターの前歯は常生歯といって絶えず伸び続ける歯です。上顎、下顎が合わさって過長を防いでいます。
ケージなどを齧ると前歯が曲がってしまって重症例では写真1のような症状になります。
食欲不振になることもありますので注意して観察してください。


 bookリンク

rabbit ウサギの蟯虫について
mouseハムスター、前肢の腫瘍、軟部組織肉腫(soft tissue sarcoma)の疑い。
mouseウサギ・モルモット・ハムスターと抗生剤
mouseハムスターの頬袋脱出
mouseジァンガリアンハムスターの腹部腫瘍
mouseハムスターの皮膚リンパ腫
mouseウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 


  

  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2022.09.03更新

 

あ mouseハムスターの形質細胞腫


 

 padご注意

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、

インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。

当院での診療希望の方はペットをつれて診療時間内に来院ください。


あ
1.5歳のゴールデンハムスターの頚部に『できもの』がみられ来院しました。

あ
細胞診ではリンパ系の腫瘍が疑われれました。後日専門医にみてもらったところ形質細胞腫が疑いが濃いとのことです。

あ
イソフルレン麻酔下で手術し摘出した『できもの』。病理医から形質細胞腫との診断結果でした。

術後は良好です。現在抗腫瘍性サプリメントを飲まして経過観察中です。


 bookリンク

rabbit ウサギの蟯虫について
mouseハムスター、前肢の腫瘍、軟部組織肉腫(soft tissue sarcoma)の疑い。
mouseウサギ・モルモット・ハムスターと抗生剤
mouseハムスターの頬袋脱出
mouseジァンガリアンハムスターの腹部腫瘍
mouseハムスターの皮膚リンパ腫
mouseウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2022.06.28更新

 

あ mouse点眼がうまくできないハムスター


あ

 このハムスターは右目が赤くなり他院を受診しました。
点眼薬を処方されましたが、うまくできないことで来院しました。

 当たり前ですが点眼薬は目に入って効能を示す薬剤です。
この症例は目の周りが汚れており、点眼薬が目の中ではなく、眼瞼に落ちていると推定され点眼の意味がないと判断しました。
眼瞼に点眼薬が付くと痒みが生じる場合もあります。

 動物病院で使用している点眼薬はヒト用かイヌ用でヒト、イヌの眼に1-2滴入って効能を示すようにできています。
ハムスターの眼ははヒト、イヌよりはるかに小さく少量を点眼薬することは難しいと考えています。
また動きが早い点も点眼薬が使用しにくい原因になります。

 この症例は経口薬に変えて経過観察中です。


 当院では以上の理由で当院ではハムスターの眼疾患には点眼薬は殆ど使用しません。
経口薬で抗生剤、ステロイドを使用するケースが多いです。よくなるケースもありますが、治らないケースもあります。


 bookリンク

 ハムスターと点眼

点眼薬と防腐剤・保存温度

点眼薬の種類


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2022.02.22更新

あ mouseハムスター、顎下の腫瘍


 あ
顎のしたに『できもの』を発見したので、2歳2ケ月の雄のゴールデンハムスターが来院しました。

あ
細胞診をおこないました。類円形、紡錘形の細胞が散在また集塊を形成しており軟部組織肉腫が疑われますが、裸核が多く由来までは不明でした。

『できもの』は皮下識まで至っておれず外科的に摘出は可能ですが、年齢が2歳2ケ月なためここまま経過をみることにしました。

bookリンク、ハムスターの病気、薬剤特性
mouseハムスター、前肢の腫瘍、軟部組織肉腫(soft tissue sarcoma)の疑い。
mouseウサギ・モルモット・ハムスターと抗生剤
mouseハムスターの頬袋脱出
mouseジァンガリアンハムスターの腹部腫瘍
mouseハムスターの皮膚リンパ腫
mouseウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


  

 

投稿者: オダガワ動物病院

2022.02.14更新

あ

mouseハムスター、右耳下の腫れ


あ

1歳半のハムスター、右耳下の腫れて来院しました。(赤矢印)
触れると2×1.5×0.7mmのしこりがあり細胞診をおこないました。


 

あ
細胞診では細菌はなく、変性したか角化物が主体であることから非腫瘍か、良性の腫瘍が疑われました。


bookリンク、ハムスターの病気、薬剤特性
mouseハムスター、前肢の腫瘍、軟部組織肉腫(soft tissue sarcoma)の疑い。
mouseウサギ・モルモット・ハムスターと抗生剤
mouseハムスターの頬袋脱出
mouseジァンガリアンハムスターの腹部腫瘍
mouseハムスターの皮膚リンパ腫
mouseウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


  

 

投稿者: オダガワ動物病院

前へ

entryの検索