小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2021.03.14更新

あ boar不適切な抗生剤使用によるモルモットの軟便


 a

(写真1,初診時)

鼻に黒いものがつくことで来院した1歳7ケ月の雄のモルモットです。

a

(写真2,初診時)

ぬるま湯で剥がすとこのようになります。

他院の皮膚スタンプ検査で球菌、桿菌ともに多数と診断され、セフェム系の抗生剤を処方されました。

a

(写真3,初診時、本院に持参された便)

翌日、軟便になり、モルモットも元気も無くなり本院に問い合わせがありました。

セフェム系の抗生剤はモルモットに4-5日続けて経口使用すると死亡する場合もあり、セフェム系の抗生剤を処方が本当なら中止するよう話しました。

そしてモルモットを診察可能な病院を探していくよう薦めました。

 

a

(写真4,初診時、本院に持参された便のグラム染色)

 翌日、遠方から本院に来院しました。グラム染色すると、グラム陽性、陰性の球菌、桿菌が診られました。

 モルモット軟便どき最も心配な、Clostridiumは持参された便からは、グラム染色では見つかりませんでした。

この軟便は本院オリジナルの整腸剤の使用で1週間でよくなりました。

そこでモルモットに安全に使用できる抗生剤クロラムフェニコールを処方しました。

その後の来院はないので鼻につく黒いものは治ったがどうかはわかりません。


 

a

(写真5、参考資料1・別の症例ですがモルモットの正常便はこのようになります。)


参考資料2

モルモットの胃腸細菌叢

 モルモットの胃腸細菌叢はグラム陽性菌が中心です。不適切な抗生剤を使用することで、グラム陽性菌が亡くなり、Clostridiumが増殖してその外毒素で死亡するとされています。

モルモットに不適切な抗生剤

 リンコマイシン、クリンダマイシン、エリスロマイシン、ペニシリン、アンピシリン、アモキシシリン、セファレキシン、テトラサイクリンなど。
禁忌の抗生剤は動物病院により異なりますので、詳細は処方された動物病院にお問い合わせください。


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.03.10更新

あ boarモルモットの乳腺腫瘍(悪性のケース)


a
(写真1)

3歳7ケ月の雌のモルモットです。
2歳半時より、乳腺に「しこり」があることで抗腫瘍性サプリメントを飲ましてもらい経過を診ていました。
しかし最近増大傾向になったので手術しました。
術前に実施した血液・生化学検査、レントゲン検査では異常ありませんでした。

 

a

(写真2)

(写真1)ではわかりずらいで、手術前の写真を提示すると上記のようなしこりです。

あ
(写真3)

手術で摘出した「しこり」。病理検査をしました。

病理検査結果、要約
  切除された乳腺の腫溜において、乳腺上皮由来の腫瘍細胞が大小の管腔を形成しながら、あるいは乳管ないを乳頭状に増殖しています。腫瘍細胞は大小不同、核小体の明瞭化など異型が観察され、悪性所見示すことより乳腺癌と診断されます。その程度は中程度です。血管やリンパ管など脈管内浸潤は観察されずマージンは確保されています。

以上の見解より今後転移、再発の注意が必要になり、半年に1回検診を進めることにしました。

 


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.03.09更新

あ tigerネコ用の経口ノミ駆除剤について


 本邦でネコ用の経口ノミ駆除剤に認可されている薬剤はありません。
自宅で飼育しているネコは本邦で認可を受けたスポットタイプの薬剤を使用してください。

 当院では野良ネコにノミがいるのでどうにかならないかと相談を受けることはあります。
野良ネコは捕まえることは大変です。スポットタイプを背中に垂らすこともできないケースが多いです。

 そこで効能外使用を了解の上、以下のような薬剤を提案しています。




あ
(写真1)クレデリオ錠(成分名、ロテナネル)

 クレデリオ錠(成分名、ロテナネル)は本邦ではイヌのみ認可されてますがヨーロッパ圏ではイヌのみではなくネコにも認可されています。

当院では野良ネコには食事に混ぜておこなっています。効果期間は1ケ月です。

 本邦のクレデリオ錠は周りをイヌが食べやすいように薬剤の周りがコーテングされていますが、ヨーロッパ圏のネコ用のクレデリオ錠は、ネコが食べやすいように薬剤の周りがコーテングされています。

  そのためイヌ用クレデリオ錠はネコでは食べないケースもあります。副作用は使用した範囲ではみられませんが、効能外使用なので全責任を負えるわけではありません。

 1箱3錠入りで、箱単位での購入になります。

以上のことを了解しての使用になります。


 

あ
(写真2)ブラベクト錠(成分名 フルララネル)

本邦ではフルララネルはネコではスポットタイプが認可されています。

野良ネコにノミがいたためネコにブラベクト錠剤を効能外使用したことはありました。

クレデリオ錠同様、ブラベクト錠はイヌ用なので食事に混ぜてネコが食べてくれるかどうかがポイントです。

1錠単位で購入可能ですが、効果が3ケ月あるため、薬剤が高価です。


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索