小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.03.03更新

オダガワ

chick過発情症候群の小桜インコ(卵詰まり、総排泄腔の脱出など)

----------------------------------------------------------------------
飼育しているオカメインコが急に呼吸が速くなり、元気がない理由で来院しました。川崎市麻生区からの来院です。軟便をおこしていました。検便は陰性です。

  

来院時 腹部が膨満しており、触診にて卵詰まりが仮診断されました。
  

                
 確認のためレントゲンとエコーをとりました。レントゲンでは過骨症や肝臓腫大が確認されました。

やや巨大卵でしたが、保温をしたところ、2時間後、自力で排出しました。

その後元気になりました。

腹部も小さくさりました。小桜インコは骨盤の大きさで雌雄を見分けます。
 この症例は1才未満なのに過骨症や肝臓が肥大しており、発情をおさえる指示をしました。
発情は抑えるには、注射、過度に接し方を慎む、温度差を多少つける。暗期をおおくするなどあります。このオーナーの方は、注射により卵詰まりの予防を希望されたの1週間後に予定しています。明日まで入院です。



 翌日になり、大きな便をしました。このような巨大便は、卵詰まりが解消されるとよくおこります。
 
しかし総排泄腔が脱出してしまいました。用手法で修復しました。

しかし用手法のみでは、再脱出してしまったので、総排泄腔を1糸縫合しました。

5時間後、クロアカに糸はしっかり、ついています。


【関連記事】
文鳥(学名:Padda oryzivora)の条虫(Taenia)感染
白い便のセキセイインコ、膵臓の外分泌不全が疑われたケース
打撲とメガバクテリア(マクロラブダス)感染のセキセイインコ
ハト回虫虫卵と成虫標本
小鳥診療に慣れた動物病院で検便をお勧めします。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 


投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索