小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2024.05.20更新

あ

mouseハムスターの軟便


ご注意 

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、
インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。
当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。
 



1
軟便が2週間続いているそうです。(写真1)

ハムスターの軟便は確定診断は下せないことが多く、腸重積ををおこすこともあり油断できない疾患です。
当院では稟告、身体検査、検便から対称療法を中心に行っています。
体重減少がおきないか注意してみています。

まず食事の食べすぎ、
また便をハムスターが潰して軟便と勘違いしている場合もありよく稟告を聞いています。

今回の症例は4ケ月の雌ジャンガリアンハムスターが来院しました。軟便が2週間続くそうです。(写真1)


 

1
ジアルジア(簡易染色)(Giardia、spp)×400(写真2)

新鮮便でジアルジアのシストが見られました。
フラジール®を2種間処方しました。
駆虫剤に投与に合わせて、ハムスターの機材の熱湯消毒が必要です。
(ハムスターの機材が壊れない温度で)


しかし2週間軟便続き再来院しました

1
小型条虫(Hymenolepis nana)×1000(写真3)

再び新鮮便を顕微鏡観察しました。ジアルジアは減少しましたが、 
小型条虫が見られました。(写真3)ハムスターでは軟便の原因なります。
駆虫剤は検便しながら10日に1回位が良いとされています。
駆虫剤に加えてこの寄生虫もハムスターの機材の熱湯消毒が必要です。
(ハムスターの機材が壊れない温度で)

小型条虫は円葉条虫目に属しますが、変節が脆くウリザネ条虫のように変節の排泄はまれです。
変節が壊れ写真のような虫卵で検出されるケースが多いです。(写真3)

この条虫は円葉条虫目で唯一中間宿主が不必要なルートを持ちます。
3ルートも感染経路があるので完全駆虫は大変です。

そのルートは
①老塾変節が壊れることで自家感染がおきます。
②また排泄した虫卵の経口直接感染もあります。
③汚染されたハムスターの糞を中間宿主のゴキブリ、ゴミムシダマリ、ノミ、昆虫類が摂取して体内で育ち、
その後再びハムスターにそれらが捕食され感染が成立します。

ヒトにもハムスター同様、終宿主として感染します。 


 

1
ネズミ大腸蟯虫(Aspiculuris tetraptera)×1000(写真4)
虫卵(大きさ83-93×38-43mm)は紡錘形で左右対称です。

ネズミ大腸蟯虫も見られました。
ハムスターに軟便をおこすことは少ないと考えられています。

プレパテント・ピリオド(約24日)を考慮して週1回間隔の駆虫が薦められますが
生活史がこの寄生虫も複雑で完全駆虫は難しいこともあります。

トイレと寝床がケージ内にあることが多いハムスターは再度虫卵が経口的に入る可能性が高く
食糞による虫卵の再感染、また逆行感染もあり、
駆虫剤に加えて、ハムスターの機材の熱湯消毒が必要です。
(ハムスターの機材が壊れない温度で)


1
この症例の便、グラム染色 ×1000

 ハムスターの下痢では寄生虫疾患の他にサルモネラ症、ティザー病、ウエットテイル/増殖性回腸炎がありますが、鑑別は不可能です。 


 この症例は小型条虫、ネズミ大腸蟯虫に駆虫が期待できるでプロヘンンダー・スポット®を

他に止瀉剤、抗生剤を使用しました。 





calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 
 

 


投稿者: オダガワ動物病院

2024.05.12更新

あ

mouseハムスターの頚部の『しこり』


ご注意 

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、
インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。
当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。
 


1
1歳のハムスターです。
右頚部に『しこり』を発見して来院されました。

 

1
細胞診すると大量の膿が吸引されました。

 
1
簡易染色像

簡易染色すると好中球が多くみられました。また別におこなったグラム染色ではグラム陽性の球菌が多くみられました。

以上よりバイトリル®を処方して経過をみています。

ハムスターの化膿はしこりを形成して抗菌剤で治りにくいことが特徴です。


【関連記事】 




calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 
 

 


投稿者: オダガワ動物病院

2024.05.12更新

あ

boarモルモットの乳腺腫瘍(悪性のケース)


ご注意 

このホームページに記載されている疾患の予後、
薬剤の説明、他の動物病院の処方薬剤、
インターネットに記載されている薬剤などの
電話相談は診療の妨げになりますので
お断りしています。
当院での診察、薬剤希望の方はペットをつれて来院ください。
 


1

3歳半の雄のモルモットです。
左乳腺に『しこり』を発見して来院されました。
乳頭より赤い分泌物がでています。
経験的に乳腺癌が予想される症例です。


血液・生化学検査で異常はなく、レントゲン検査でも転移もなく手術を行いました。

 1
摘出した乳腺

手術後は退院させたところ、すぐに食欲はあったそうです。

摘出した乳腺の病理診断名は乳腺癌(mammary carcinoma)でした。
病理医には『乳腺腫瘍は完全に切除され、良好な経過を示す可能性が高いですが
乳腺癌なので経過観察は十分におこなうように』コメントを頂きました。

モルモットの乳腺腫瘍は雄、雌両方でよくみられる点が特徴です。
3歳以上で約30%のモルモットに発生する報告もあります。
当院の経験では良性腫瘍、悪性腫瘍だいたい1対1ですが、
悪性腫瘍が多い報告もあります。
局所浸潤の激しい乳腺癌は再発する可能性もありますが、遠隔転移は少ないと予想されています。


【関連記事】 




calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 
 

 


投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索