小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.03.01更新

オダガワ

chick総排泄腔脱の文鳥


 

あ


 SPECIES 鳥 BREED 文鳥 SEX 雌 AGE 5 体重26g

川崎市麻生区からの来院です。

CC
(主訴)  
 本日より食欲不振で、他院で卵詰まりと診断され、卵を出してたら出血(午前10時半)した。
 支払時に他院で止血剤をもらう。
その後時間とともに状態が悪化したため、本院に午後1時40分来院した。
 来院時は総排泄腔脱で写真のように状態でした。生食で
総排泄腔を収縮させて治しました。
 
あ
 
 
あ
写真は脱出後と処置後
その後1週間、 再脱出はありませんでした。
1週間入院してよくなりましたが、帰宅後完全に回復するまで1ヶ月かかったそうです。

●コメント
 卵をふだんから良く生む文鳥なので、たぶん他院で卵を出したあと総排泄腔脱になったと予想されます。総排泄腔脱になったら、早く所定の位置に戻さないと生命の危険があります。この症例は総排泄腔脱の部位が大きく、本院に転院して、再脱出はありましたが、結果よく退院できてよかったです。
 オーナーとべったりの文鳥で、そのため年中発情してしましまいます。良く卵を産む原因のそこにあるとおもいます。

 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 

 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索