小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.11.27更新

あ
dogtiger犬猫のマダニの生態

■マダニ『tick』とのダニ『mite
 ダニ類は簡単にわけると野山にいるマダニ『tick』とふつうのダニ『mite』に分けられます。また薬剤も異なる場合が多いです。 診察室でオーナーと話すとこの違いがわからないて困っている方を多く診ますので以下に記します。
 
 ふつうのダニ『mite』は家庭でアレルギーの原因になるチリダニ、封をあけた粉の中で増殖するコナダニdogtigerrabbitsnakeright arrow耳ダニ、dogright arrow皮膚の角質層に感染ヒゼンダニrabbitright arrowウサギの皮膚に感染するツメダなどを指し、動物に感染するダニ『mite』はrabbitright arrowノミtigerright arrow耳ダニに認可のある薬剤の使用で駆虫可能です。
 
 しかし野山にいるマダニ『tick』の駆虫はマダニまで効果ある駆虫剤を使用しなければなりません。(下記参照)
 
 今マスコミで騒がれている『SFTSウイルス』は、ヒトがマダニ『tick』に刺されて感染が成立します。ふつうのダニ『mite』からは感染はしません。

もcamera1)、マダニは幼ダニ、若ダニ、成ダニ3期の発育期があり、各発育期のダニは吸血します。
写真の右2つは若ダニ、左3つは成ダニと推定されます。

■マダニとSFTSウイルス
 マダニは本来山林にいて、イノシシ、シカなど野生動物を吸血源で共存してました。SFTSウイルスも同様に共存していたと考えられます。近年これらの生息地域が宅地開発されたことから、市街地の公園の草むらに山中で生活していたマダニが見られるようになりました。そのためヒトもこれら地域に出入するため、マダニに吸血される機会が増え、SFTSウイルス感染が報告されるようになったと推察されています。
マダニの10分の1ぐらいがSFTSウイルス保有しています。ヒトが動物に感染しているマダニに刺されたり、またアウトドアーなどで野山にいるマダニに直接刺されたり、希なケースではSFTSウイルスに罹患している動物に噛まれて感染が成立します。
散歩に行く犬、屋外で飼育している猫にはマダニ類『tick』まで駆除が可能な薬剤の使用をお薦めします。またオーナー自身も野山の散歩の際は長袖、長ズボンを装着し、休憩時はパーカーなど草むらに置かないなど注意が必要です。
本院の近所なら多摩川、枡形山、生田緑地などに散歩する方は特に注意ですが、自宅の前の草むらにもマダニはいます。

ダcamera2)、マダニは寄生する機会を待ちながら草丈30cm位で生活しています。

 ■マダニの生態
 マダニは血を吸うことに特化した生き物です。寄生部位は主に動物の皮膚です。分類学的にはダニ目マダニ亜目(以前は後気門亜目と呼ばれていた)に属し、ふつうのダニ『mite』との相違は『①口下片に逆行性の歯状突起をもつ②第一脚末結節にハラー氏器官(感覚器)をもつ。③気門が第3脚、第4脚基節付近に開口する』の3点で異なります。

 高さ30cm位の葉の裏などで潜んでいます。犬、野生動物の皮膚に感染を狙っているので最適な高さです。葉では第一脚を左右に前方振って生活しています。イノシシ、シカ、犬、ヒトなどと二酸化炭素が多い獲物が来たと感じると第1脚の先端にある「ハラー氏器官」が検知して、草から動物に飛びつくます。マダニにとって餌となるのは動物の血です。二酸化炭素を通して外界の反応をみて寄生をはかり種族維持をしています。(参照、実験でシャレーにマダニをいれて息をかけると活発にうごきまわります)
 皮膚に乗ってもすぐに吸血はしないで、適した場所を探します。(2時間位皮膚の上を歩く場合も)
犬では耳介、鼻の周りなど皮膚の柔らい場所が好みです。
 あcamera4)TBSテレビ 新・情報7daysニュースキャスター。平成17年7月29日放送より

 睡液に含まれる酵素で皮膚を溶かし、また鋏角と言う針のような物で動物の皮膚を切開します。このとき局所麻酔様の物質をだしているため痒みはありません。次に口下片という横に棘をもった突起物をその穴に押し込みます。すると口下片の鉤状の歯と鋏角にから、セメント様物質がでてマダニが皮膚に固定し落下できなくなり、その状態で知らぬ間に吸血されます。そのためマダニを発見してもはずれにくく、強引にとるとマダニの頭部は皮膚に残ります。(camera4)

あメルク社の資料より

 動物に寄生するマダニは3宿主性で、幼ダニ(3-4日)、幼ダニ吸血(数日-10日)、落下して脱皮(10-18日)、若ダニ吸血(数日-10日)、落下して脱皮(12-20日)、雌成ダニ吸血(数日-10日)、そして皮膚からおちて産卵します。雌成ダニで血を吸うと100倍、約3cmの大きさのもなり血を沢山蓄えられる構造になっています。吸血量は48時間以後に最高になります。逆に1匹の成ダニが飽血状態に達すると吸血された動物は5mlの血を失う見解もあります。
 3年の寿命のうち3回吸血します。(幼ダニ、若ダニ、成ダニ)吸血期間は1ステージ当たり、上記したように数日かた10日ですが3回合計日数で約20-30日間吸血しています。しかしヒトで40日間吸血したケースもあり個体差はあります。

あcamera3)、草むらの散歩で感染した犬のマダニ感染。(1月の症例)
腫瘍ができたと勘違いして来院するケースもあります。 

 ---------------------------------------------------------------------

direマダニの駆虫剤 

 【break time】

あ glitter3尾瀬(10月)


 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.11.20更新

あtiger猫カゼ(FVR感染)、二次感染症例


あ愛護施設から本日つれてこられた生後4ケ月の雌の仔猫です。

外見からright arrow幼少期に多い猫カゼ(FVR感染)の様子がありました。
この疾患はヘルペスウイルスの感染が主な原因です。

この症例は他に結膜の炎症が酷く、鼻汁もでていました。
そのため結膜、鼻汁の検査もしました。

仔猫でよくみられるright arrowノミはいませんでした。
right arrow検便陰性でした。

あ右鼻のぬぐい液の簡易染色、好中球が主体で中毒性変化がありました。(左鼻も同様な所見ため割愛します。)

あ右結膜のぬぐい液の簡易染色、好中球が主体で中毒性変化がありました。(左結膜も同様な所見ため割愛します。)

 食欲はありましたが、熱が40.0度もあり、元気はありませんでした。
以上の所見より、猫カゼ(FVR感染)に、二次感染が加わった症例と診断しました。

 処方は抗生剤の経口投与と点眼薬、点鼻薬として、抗生剤、インターキャット®を使用しました。

---------------------------------------------------------------------

dire1週間後の来院

あ

 体温も38.5度と正常に戻り、鼻・目の臨床症状はたいぶ改善され、この日、3種混合ワクチンを接種しました。

  この症例は回復しましたが、猫カゼになって期間が長い症例や、right arrow猫白血病(FeLV)right arrow猫エイズ(FIV)に仔猫から罹患している場合は回復しないケースや、副鼻腔炎がのこることもあります。

 また似ている疾患として、クラミジア感染があります。鑑別にはright arrow遺伝子の検査が必要になります。


 calendarright arrow当院の診療カレンダー

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.11.19更新

あtiger愛護施設から来た仔猫の診療


あ
camera写真1)猫回虫
愛護施設から本日つれてこられた生後4ケ月令の雌猫です。
愛護施設ではright arrowフロントライン®のみ投薬はおこなっていたそうです。
その関係でright arrowノミはいませんでした。
また外見上right arrow幼少期に多い猫カゼの様子もありませんでした。
まずright arrow検便を行ったところ、写真1のright arrow回虫が診られました。

あ

あ
camera写真2、3)プロフェンダー®スポット
そこでright arrowプロフェンダー®スポット(エモデジプト含有)を皮膚((写真2、3)に滴下してright arrow猫回虫を駆虫しました。---------------------------------------------------------------------

あ
camera写真4)猫白血病、猫エイス検査

またこのオーナーは、以前より飼育している猫がいる関係でright arrow猫白血病(FeLV)right arrow猫エイズ(FIV)の検査(写真4)もおこないました。ともに結果は陰性でした。

あ
camera写真5)
またPCVは32%で、TPは8.0(g/dl)でした。

1週間あけて3種混合ワクチンの接種を薦めました。


calendarright arrow当院の診療カレンダー

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.11.18更新

あtigerクラミジア感染のネコ


a
ワクチン接種に来院した1歳の猫です。
両目結膜が充血している点が気がかりです。
ここ1年続けているそうです。

a
右目の結膜の細胞診、上皮、好中球が多くみられます。
(左目も同様な所見なため写真は割愛します。)

この猫はクシャミなどカゼの症状、
また嘔吐、下痢の症状もありませんでした。

a
そこで結膜のぬぐい液の遺伝子検査を行いました。

a
テトラサイクリ系の抗生剤を1週間投与したところ良化の傾向です。
クラミジアの病態を考慮して、あと2週間の投与を薦めました。

参考資料、似ている疾患
tigerright arrowカゼ(FVR感染)、二次感染症例


calendarright arrow当院の診療カレンダー

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 

 

 

 

投稿者: オダガワ動物病院