小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2014.03.01更新

オダガワ■ソアーホックのrabbitウサギ ---------------------------------------------------------------------

ソアーホック

 ソアーホックのウサギの薬剤を塗布した様子

 ソアーホックのウサギが来院しました。2才の雄で、偶然脚の裏をみたらはげていて、来院しました。
体重が重かったり、床材とあわないとおきるますが、正式な原因はよくわかっていません。

 本院では床を牧草に変えたり、また食べなければお風呂マットにかえてもらい、粉薬を塗布して、で進行をおくらせることがやっとです。完治はなかなかしません。体重の増加には注意が必要です。

--------------------------------------------------------------------

 【関連記事】
ウサギの雌雄鑑別法
ウサギ・モルモット・ハムスターの強制給餌について
ウサギの便が肛門、足底に付着、蛆がわくこともあります。
うさぎの門歯(前歯) 
ウサギの眼 
ウサギの去勢手術
ウサギの避妊手術
ウサギのエンセファリトゾーン


 

投稿者: オダガワ動物病院