小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.02.20更新

おchick卵を出せなかった卵詰まり


あ

6歳のセキセイインコが腹部が大きくなったため来院しました。

あ

あ

レントゲンで卵が確認されました。卵は濃縮していて、だいぶ時間が経過した様子で腹壁ヘルニアも併発してました。

処置は手術しかありませんが、6歳なので多少リスクがあります。

このまま様子をみるか、手術を選択するか、オーナーと協議中の症例です。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】
あ
 flower2雪の華(日光白根山、6月)

 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.02.19更新

おchick卵詰まりのオカメインコ


卵を産む動作は見られるが、出ないことでオカメインコが麻生区より来院ました。

触診で診断はつきましたが、卵の数含めて確認のためレントゲンを撮りました。

a

a

a

 この症例は腹部の圧迫で卵はでました。

 すべての症例がこのように簡単に卵がでれば楽ですが、卵の詰まった位置が悪いと死亡するケースもある怖い病気です。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あ
 flower2雪の華(日光白根山、6月)

 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.02.18更新

おchickセキセイインコの疥癬、重傷例


 疥癬は皮膚の角質層に感染するダニを指します。セキセイインコでは時々診ます。

 以前のアップした本院のセキセイインコ疥癬のホームページをみて、本疾患を疑い来院した3歳の雄です。経過はだいぶ長いそうです。川崎区からの症例です。

あ

あ

あ

あセキセイインコの疥癬は羽毛のない部分(嘴、脚)の皮膚が肥厚して、痒みをともなうことが特徴です。

あ確定診断は皮膚掻爬検査で疥癬(ダニ)の検出です。

治療は抗疥癬薬の週に1回の塗布4-6回位本院に通うことになります。

このオーナーは遠方から来られた方で、その後地元でこの症例に対応可能な動物病院がみつかったのでそちらに転院しました。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あ
 flower2雪の華(日光白根山、6月)

 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.02.12更新

おsheep上顎門歯が3本あるモルモット


あ

 4歳の雄のモルモットです。モルモットの歯式は2(1/1 0/0 1/1 3/3)の20本です。通常上顎の門歯は左右1本ずつです。(黒矢印)、この症例は右上顎の門歯が1本多く、2本あります。(赤矢印)
今年4歳になって急に伸びてきたそうです。異常門歯は歯肉との保持は弱く、比較的簡単にこの症例は抜歯は可能と推察されました。

 元気・食欲は問題なかったので、門歯のトリミングで今回は治療を終了しましたが、今後は抜歯も必要になるかもしれません。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】



【break time】
あ
 flower2蓮(不忍池 7月)

 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.02.11更新

おdog旅行から帰宅して下痢のイヌ


a診療中にした下痢便(写真1)

大きな車に変えて初めて旅行にいった柴犬の症例です。

広い車に買い替えてオーナーも犬ちゅんもリラックと考えたいものですが、

犬ちゃんは車を変えたことで、車内での居場所に困ってしまったそうです。

またドライブコースもアップダウンの激しい山道に出かけられました。

帰宅すると3日間下痢が止まらなくなり、嘔吐も1回あったため本院を受診しました。

写真1は診療中にした便です。元気、食欲はありますが未消化のドックフードが診られました。

 

a写真2・簡易染色で、芽胞菌が多く診られた。

検便では虫卵は診られず、簡易染色で、芽胞菌が多く診られました。(写真2)また便の回数も多い症例でした。

検査結果、臨床症状からフラジール®、ザラゾピリン®を処方しました。

以前に経験した同様の症例は伊勢志摩を犬ちゅんと何拍はで旅行後下痢が治らず、同様の処置で回復しました。

この症例は伊豆箱根の日帰りでしたが、その後2日位で回復したと後日連絡ありました。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あglitter3日本海の夕日、新潟県坂町付近、7月 特急いなほ車内より


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索