小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2014.06.01更新

■8歳のウサギの尿から結石がみられました。

内科治療に反応した症例ですが、結石が小さいこと、まだ数が少ないので効果はなんともいえません。
■8歳のウサギの尿から結石がみられました。
検査機関に以来したところCa結石との答えが返ってきました。(写真)

 高齢であることより、手術にはむかない年齢です。

初診時はレントゲンで結石は写りませんでしたが、分析でCa結石は証明されました。

 小さなCa結石であることは間違いないです。
■そこで 
 別の動物で効能があった薬剤を飲ませてみました。
薬剤投与後、尿検査で潜血(+)でしたが、2週間後は(-)になりました。

 また写真のようなちいさな結石もでなくなりました。

 この内科療法が効果はあるかどうかは症例を重ねていく必要があります。


 【関連記事】
ウサギの雌雄鑑別法
ウサギ・モルモット・ハムスターの強制給餌について
ウサギの便が肛門、足底に付着、蛆がわくこともあります。
うさぎの門歯(前歯) 
ウサギの眼 
ウサギの去勢手術
ウサギの避妊手術
ウサギのエンセファリトゾーン


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索