小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.12.01更新

あboarモルモットの皮膚について


あ左右の耳根部にある3-4cmの無毛部分(写真は右耳のみ)

モルモットの皮膚は個体差はありますが、左右の耳根部に3-4cmの無毛部分があります。

 この症例は生後4ケ月の雄で、他院で外耳炎の治療をされたケースです。
当院では、外耳も正常で、痒みもありません。
皮膚検査で、真菌、ダニ検査も陰性でした。
耳根部にそってきれいに毛が生えていたので、「耳根部の無毛部分」と診断し、病的にことではないことを伝えた症例です。

 ----------------------------------------------------------------------

あ腰の臭腺(の付近にあります。)

 またモルモットは腰部、会陰部に臭腺があります。腰部からの脂性分泌物を皮膚病と見誤る場合もあり、注意が必要です。この分泌物により周囲の被毛が汚れてみえることがあります。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
boarright arrowウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 
boarright arrowモルモットのハジラミ
boarright arrowモルモットの疥癬
boarright arrowウサギ・モルモット・ハムスターと抗生剤

dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】


あ
flower2河津桜(三浦海岸、小松ケ池)


 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.12.01更新

あboar頸部のマスと乳腺腫瘍のモルモット


  頸部のマスと乳腺腫瘍の3歳のモルモット、雄が来院しました。
血液検査、生化学検査、レントゲンでは異常なく、摘出手術をしました。
 
dire頸部のマス

あ

あ頸部のマスは、術前、細胞診で角下物のようなものが採取されました。
摘出したマスも中にタール状のものが充満してました。

あ手術後1週間後の写真。埋没縫合を使用したため、舐められていません。経過良好です。

---------------------------------------------------------------------

dire乳腺腫瘍

あ

あモルモットは乳腺腫瘍の多い動物です。この症例もそうですが雄に多い点が他の動物にない点です。
肉眼上、これまでの症例と比べると、固形ではなく泡沫上の組織がきになりました。

 あ

手術後1週間後の写真。埋没縫合を使用したため、舐められていません。経過良好です。


 
  calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrowイヌ回虫とは
chickright arrowハトの回虫
chickright arrow烏骨鶏の回虫症
bookright arrow線虫類の駆虫

dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あflower2染井吉野(3月、ニケ領用水、宿河原)


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索