小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.10.12更新

あchick小鳥の診療 


 

あ


chick小鳥の来院時の注意点

①必ず鳥の便を持参ください。検便は鳥類ではとくに重要です。

②必ずベットキャリーに入れてご来院ください。また待合室ではペットキャリーを絶対空けないでください。逃走させても本院は責任を負えません。

②小鳥の来院時の注意

あ

 よく水を入れて来院するオーナーをみますが、こぼれて飼育している小鳥がビショ、ビショになって来院します。(写真)よほどの長距離でなければ、水はのぞいて来院することを薦めます。

----------------------------------------------------------------------
■セキセイインコやオカメインコ、小桜インコ、など小鳥はそれぞれかかりやすい病気は多少異なります。
鳥類にはワクチンによる予防はありませんが、バランスの良い食事は大切で、小鳥を飼育したら、日々の体重測定が大切です。
chickright arrow鳥のサプリメント、ネクトンS、ネクトンバイオについて
chickright arrow鳥類の筆毛
chickright arrow止まり木に血の付いた小桜インコ
chickright arrow穀物鳥 セキセイインコ・オカメインコ・コザクラインコと文鳥の食事について

----------------------------------------------------------------------
■発情・飼育法に注意することで、未然に病気を防ぐことも可能な場合もあります。
chickright arrow鳥の発情関連疾患

----------------------------------------------------------------------
■また必ず検便とそのう検査受けましょう。原虫はじめ、犬猫では存在しない真菌などが感染していることがよくあります。そのため小鳥の診療に慣れた動物病院で行うことをお薦めします。
 
■また最近減少傾向ですが
chickright arrow外部寄生虫①も注意は必要です。
 
■小鳥を飼育したら、放鳥したときは注意が必要です。誤って鳥を踏んでしまって来院するケースが多いです。

chickright arrow【小鳥の診療 続きを読む】
 

calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dog犬の診療
tiger猫の診療
rabbitウサギの診療
mouseハムスターの診療
snakeフェレットの診療
boarモルモットの診療


【break time】
あ
flower2ケシ (東京都薬用植物園 5月)

 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.10.01更新

おchick鳥類のペットホテル


 chick対称の鳥類

小型、中型の鳥類(セキセイインコ、文鳥、オカメインコ、小桜インコ)など

オウム類、フクロウ類はお預かりできません。


●ペットホテルのお預かり、お迎え時間
(本院診療時間内になります。)

平日   : 9:00~12:30(午前) 16:00~19:00(午後)
日曜・祝日: 9:00~12:30(午前) 16:00~18:00(午後)
休診日: 木曜日

●年末、年始、お盆、ゴールデンウイーク、また諸事情により診療時間が変則になる場合はございます。
 ペットホテル希望の場合は、事前にご希望月日前後の本院のカレンダーをご確認下さい。

●自宅へのお迎え、お届けには対応できません。

achick鳥類は籠ごと持参される方もいます。


 calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


■料金について

小型、中型の鳥類(セキセイインコ、文鳥、オカメインコ、小桜インコ)など
1羽 3000円(消費税抜き) 1羽単位です。籠単位はしてません。

※上記の料金は、一泊二日の料金となります。
二泊三日以上の場合は、一泊二日の料金×泊数となります。

【計算例】
三泊四日を希望する場合
3000円×3=9000円(プラス消費税) になります。

●診療時間外のお預かり・お渡しはできませんやむを得ない理由での時間外のお預かり・お渡しは、別途料金が発生します。


 ■ご注意事項

●お預かりの際は必ず緊急連絡先を教えて下さい。
(例・携帯電話・旅行先の旅館・Eーmailのアドレスなど)

●必ず、普段食べている食事はご持参ください。鳥類の場合、籠ごと持参されることも可能です。

●外部寄生虫(right arrowノミright arrowマダニright arrowミミダニright arrow疥癬right arrowツメダニなど)、内部寄生虫(right arrow回虫right arrowジアルジアright arrowトリコモナスright arrowコクシジウムなど)診られた場合は本院の判断で駆虫します。(別料金になります。)

●万が一、お預かり中の病気になった場合の処置は別に料金かかります。

環境の変化に弱い個体は事前に問い合わせください。

●他の動物病院で治療中疾患のある動物のペットホテルはお断りしています。


direお問い合わせ: telephone044-900-8588(木休診)


 【関連記事】
starright arrow本院のペットホテル
dog犬のペットホテル
tiger猫のペットホテル
rabbitright arrowウサギのペットホテル
snakeright arrowフェレットのペットホテル
boarright arrowモルモットのペットホテル
chick鳥類のペットホテル
dogtigersnakeright arrow犬、猫、フェレットの予防接種

dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】
あ
  flower2シラネオアイ(6月)

 

 

投稿者: オダガワ動物病院