小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2022.08.29更新

 

あ chick卵管と卵が脱出したセキセイインコ


a
 4歳のセキセイインコが卵管と卵が脱出した状態で来院しました。
オーナーの話では本院に訪れる1時間半前におきたそうです。

a
 卵のみ摘出を試みましたが、卵殻と卵管壁との癒着が激しくて不可能でした。
そこで卵を割って卵管の圧力を軽減しました。

a
 卵殻と卵管壁との癒着が軽くなり、ヒトの眼科用ピンセットで丁寧に卵殻を摘出しました。

 注意点として卵管と卵が脱出したセキセイインコは卵を摘出しても食欲がなくなる場合があります。
この個体も摘出後、2日間は食欲がなくなりましたが、3日間でどうにか回復しました。


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索