小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2020.02.22更新

あ chickセキセイインコの卵管脱出と卵詰まり


 

あ
卵がぶら下がっていることで、来院した4才のセキセイインコです。
卵管が反転して、卵が卵管に癒着しています。

あ
卵に穴を空け、内圧を低下させて、癒着を剥がして卵を摘出しました。

あ
卵を摘出後、卵菅が脱出状態になっていたため、総排泄腔内に収めて1糸縫合しました。

食欲がなくなったり、卵菅の再脱出がおきたり、卵を産む動作が診られたら、早く来院することを伝え治療を終了しました。


■4日後の来院

あ

その後、元気を回復しました。
縫合した糸はとれていました。
卵を2つ産んだそうですが再脱出はありませんでした。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 

投稿者: オダガワ動物病院

2020.02.22更新

あ chickセキセイインコの尾脂腺腫


 

あ

セキセイインコの尾脂腺腫で来院しました。尾脂腺腫の内容物は癌であることは少なく、膿疱をおこしていることが多いとこが知られています。

そのため当院では尾脂腺腫はレーザー治療を主に使用しています。
ただし大きさが0.5から1.0cmが対称になります。

この症例の尾脂腺腫は、大きいためレーザー治療の対象外になります。
以前の動物病院の抗菌剤の使用で小さくなった稟告もあり、今回も抗菌剤の投与で経過をみることにしました。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 

投稿者: オダガワ動物病院

2020.02.11更新

あ chickセキセイインコの疥癬症


 あ

あ
痒みを主訴に、1歳雄のセキセイインコが来院しました。
嘴、脚が白くただれており、皮膚科の言い方では痂皮、鱗屑と表します。

あ

 皮膚を掻爬検査すると、疥癬虫が検出されました。
(赤矢印は成虫、青矢印は卵)
疥癬虫は毛がないところに病変を作る特徴があります。
成虫の体長は0.3-0.4mm位です。

抗疥癬剤を週1回で3-4回処置すると殆ど治ります。



■7日後の来院

あ

あ

写真からわかりずらいですが、痒みはとまり経過は良好です。
まだ脚の鱗屑病変が消えていませんでした、また翼下をよくかくそうです。
そのため本日は脚、翼下を中心に抗疥癬剤を塗布しました。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 

投稿者: オダガワ動物病院