小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2015.09.22更新

あdog犬の肛門に便が付着


あ

犬の肛門に便が付着して便がでないことで来院しました。また6ケ月にシーズー雌です。オーナーは昨日まで便がでていたと話されていましたが、結構濃厚に付着しています。あ

あ

ぬるま湯などで柔らかくして、どうには取り除くことはできましたが表皮もえぐられています。そのため傷を生食で洗って、ワセリンの塗布をしました。また抗生剤も処方しました。
 この状態はオーナーにとっても不衛生で、また犬ちゅんも便秘、また膀胱炎を併発したりがわくこともあります。長髪の犬ちゃんは日頃、尻尾をあでて肛門の状態を確認する必要があります。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療

rabbitright arrow ウサギの便が肛門、足底に付着
tigerright arrow猫のてんかん剤の注意点
chickright arrow鳥類のジラミ感染
bookright arrowノミの生態
bookright arrowマダニの生態
tigerright arrow猫の耳ダニ


 

投稿者: オダガワ動物病院