小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.07.06更新

あ

■ヒト 、dog小中型犬 、horse大型犬 、tiger猫の年齢対比表


あくまで一案ですが。

 ヒト      dog小中型犬   horse大型犬     tiger


 1歳        1ケ月                  1ケ月
 3歳        2ケ月                    2ケ月
 5歳        3ケ月                                     3ケ月
 9歳                6ケ月                                     6ケ月
12歳                              1歳
13歳                  9ケ月                     9ケ月
17歳                   1歳                                   1歳
19歳                  2歳   
20歳              1歳6ケ月                                 1歳6ケ月
23歳                   2歳                                   2歳
26歳                  3歳
28歳                   3歳                                      3歳
32歳                   4歳                                      4歳
33歳                                      4歳
36歳                  5歳                                       5歳
40歳                  6歳          5歳                 6歳
44歳                  7歳                                        7歳
48歳                  8歳              6歳                 8歳
52歳                  9歳                                        9歳
54歳                             7歳
56歳                10歳                                   11歳
64歳       12歳                                     12歳
68歳                13歳              9歳                 13歳
72歳                14歳                        14歳
76歳                15歳              10歳                15歳
80歳                16歳                                      16歳
81歳                                     11歳
84歳               17歳                                       17歳


 calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2017.07.04更新

おdog犬の僧房弁弁膜症


 

あ
ピモペンタン製剤(上2つ)とACE阻害薬


 pad 僧房弁弁膜症は日本ではチワワ、シーズー、トイプードル、マルチーズ、など中高齢の中-小型犬に多く発生する病気です。
 これらの犬種は10歳を超えると10%が罹患しているとされています。雄雌比は2対1で、雄がかかりやすい傾向があります。
この項では日本の多くの獣医師が使用している全米内科学会の診断基準を記します。
 本院でもこの基準に合わせて治療プランをたてています。
---------------------------------------------------------------------
heartステージA
 
心臓疾患に関して高い危険性が高いキャバリア、チワワなどが、心臓にまだ構造的異常がない状態をさします。
ステージAでは、薬剤や食事療法はおこなう必要はありませんが、
これらの犬種は来院回数を多くして、加齢などでステージの移行があった場合に、早急の対応しているように考えています。

---------------------------------------------------------------------
heartステージB
  心臓の雑音が聴診され、心臓に構造的異常がある場合を指します。
しかし心不全徴候は認められません。ステージBは2つに分類されます。

B1  左心拡大が認められない場合をステージB1と定義します。
このステージではステージA同様、薬剤や食事療法はおこないません。

B2 左心拡大が認められ、僧帽弁逆流が循環動態に影響をおよぼす場合もありえる状態をさします。
そのため症例によっては、ACE阻害剤、ピモペンタンの投与、食事療法を開始します。

---------------------------------------------------------------------
heartステージC
 
心臓に構造的異常があり、心不全徴候の症状である運動不耐性(疲れやすい、以前はできた動きができない)、咳、食欲低下がある状態を指します。
安静時心拍数が30回/分を超えないようにACE阻害剤、ピモペンタンの投与、また血圧の管理、食事療法を行います。肺水腫に進行しないよう注意が必要です。
---------------------------------------------------------------------
heartステージD
  
ステージCの標準的治療をしても効果を示さない、難治性の状態を指します。ステージC同様、安静時心拍数が30回/分を超えないように監視が大切で、肺水腫に進行しないよう注意が必要です。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】
あ
 flower2ニツコウキスゲ(月山、7月)

 

投稿者: オダガワ動物病院