小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2015.04.21更新

あ
dog犬猫のマダニ駆除剤
sheeptiger犬猫のマダニの駆除剤
  マダニの中にはヒトにも感染する『SFTSウイルス』が存在する場合があります。そのため散歩に行く犬、屋外で飼育している猫にはマダニ類『tick』まで駆除が可能な薬剤の使用をお薦めします。ポイントは効能が高い『動物病院のみで販売されているマダニ駆除可の製品』を使用する点です。これらの製品には『ノミダニ用』の記載があります。
 
 薬剤は犬猫兼用、犬用のみ、また効能外になりますがウサギにも使用可能な製品もあります。製品の詳細は下記を参照してください。各々の薬剤は様々な付加価値がありますので、使用の際は担当獣医師とよくお話して、飼育形態を考えて薬剤を選ばれることをお薦めします。
 
 他の多くのダニ類mite』は『ノミ用』でも駆虫効果が見られることが多いです。
 
 
以下マダニ類『tick』の駆虫効果がある薬剤を列記します。
----------------------------------------------------------------------
■皮膚滴下剤
あ
■フロントライン®プラス(成分名、フィプロニル、(s)-メトプレンの合剤)
 犬猫用で、ノ ミマダニシラミに作用します。フィプロニルは、脂肪に富む体表や表皮に分布し、さらに皮脂腺に集まりプールされます。そこから徐々に皮脂とともに皮膚 や被毛上に放出され ノミマダニを接触によってすみやかに駆除します。このことにより長期間の持続効果が得られ、シャンプーや水浴の影響もうけにくいとされています。
----------------------------------------------------------------------

あ■マイフリーガード®(成分名、フィプロニル)

マイフリーガードはフロントラインのジェネリック品です。
フロントラインにくらべて安価ですが、効能は殆ど変わらない報告もあります。
ノミマダニに作用する
犬猫用です。注意点としてフィプロニル製剤はウサギなどは絶対禁忌です。
----------------------------------------------------------------------                                                  

■プラクティック®(成分名、ピリプノール) 

ピリプノール皮膚滴下剤犬のみです。希釈剤はジエチルグリコールモノエチルエーテルであり、この物質にアルコールは入っていないため、他社でアルコール過敏の犬にも使用可能です。猫・ウサギは使用報告がありません。
----------------------------------------------------------------------     

■フォートレオン®(成分名、ぺルメトリン、イミダクロプリド)
フォートレオン®は2種類の薬剤が配合されています。
マダニの皮膚への付着を阻止してし、咬みつく前に駆除するぺルメトリンと、ノミの吸血を阻止してノミ成虫に駆除効果を発揮するネオニコチノイド系イミダクロプリドが配合されています。
 
皮膚滴下剤
で使用認可は
犬のみです。
猫にぺルメトリン製剤は禁忌です。
効能外になりますがウサギにも使用可能です。
---------------------------------------------------------------------- 
■経口剤                             

 
■コンフォデイズ®(成分名 スピノサド)、経口剤
a 
■パノラミス®(成分名 スピノサド、ミルベマイシンの合剤)
 
あ
■ネクスガード®(成分名 アフォキソラネル)、経口剤
 
コンフォデイズ®は2012年に、ネクスガード®は2015年に犬猫用で販売されたノミダニ用の経口薬剤です。滴下タイプが苦手な方にはお薦めです。ノミ、ダニに良好に作用します。
 両製品とも嗜好性は良好なため、動物に目の届かない場所で保管しないと、薬剤を食べてしまったケースがあり注意が必要です。
 2015年に発売されたパノラミス®はスピノサドとミルベマイシンの合剤で、ノミ、ダニの他にもフィラリア、線虫類の予防も可能です。
 なお
ウサギなどは使用報告はありません。
----------------------------------------------------------------------
■まとめ
 私の開業している地域ではマダニは5月から10月頃で十分な意見もありますが、マダニの生態を考えると年中の予防が最適です。
 生田緑地や多摩川など散歩に行く方は予防のため薬剤の使用をお薦めします。
 家に帰ると家の近くの草村が感染原因になります。
 
  マンションで飼育されている犬猫がトリミングにくると、冬でもノミが診られる場合もあり、年中必要な場合も生じることがあります。ノミは13度以上の環境だと年中繁殖すます。
 
 最近は良いノミ・ダニ製剤が多くありさまざまな特徴があります。 掛かりつけの獣医師とよく相談して、最適の薬剤をご使用ください。

【関連記事】

 最終更新:平成27年4月21日(火)16時40分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

boartigerrabbitsnakemouseノミの生態

 ■ノミの感染
 私の動物病院のある川崎市多摩区ではノミは暑くなる時期(5-6月)より診られ、冬場(11月以後)になると殆ど診ません。 しかし最近はその傾向に変化が見られ、最近マンションで飼育される動物は飼育条件がよい関係で、秋-冬になっても少数ですがノミが診られます。
 また罹患動物はイヌ、ネコが主ですが、ウサギ・フェレット・ハムスターにも時々診られます。
 
---------------------------------------------------------------------
の
写真①

 camera写真①のノミ成虫の大きさは大体0.3mm-0.4mmで、ノミから見て1m60-80cmあるヒトはエベレスト山ぐらいに相当します。ノミはジャンプが得意で約1mも跳ねます。これもヒトに例えれば東京タワーの第一展望台まで飛び上がることに相当します。ヒトの走り高跳びの世界新記録(2m45)なのでノミのジャンプ力は驚異です。
 
-------------------------------------------------------------------- 
 写真②、メルク社のポスターより(改) ノミの繁殖サイクル
  ■ノミの生活史
 ノミは卵から幼虫、そしてさなぎ、成虫へと形態が変化していきます。卵は約0.5cmの白色卵で約1-10日で孵化して幼虫になります。幼虫は室内の片隅で、脱皮をくりかえし。約4-5mmに成長します。約8-18日で眉をつくりさなぎになります。さなぎは期間は約7日から6ヶ月です。そして温度条件がよいと羽化して成虫になります。これらのライフサイクルの循環するスピードは温度・湿度・環境によりノミの増殖は左右しますが梅雨時期は12-14日、春、秋は3-4週間、冬季は180日かかります。ノミ成虫は通常10-20日間生存でき、雌は1日10-20個の卵を産みます。気温が13度あるとcamera写真②のノミの繁殖サイクルは活性化します。都市のマンションは風通しが悪く、湿気が高く、ノミが増えるには良い条件になっている場合が多く、本院の外来でも、冬場はマンションで飼育している動物でときどきノミを診ます。風通しの良い『田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの家』が ノミを繁殖させないとこには理想的な環境です。
 またエネルギー消費量を考慮して卵、幼虫、さなぎ、成虫で形態を考察すると、卵、さなぎの時期はエネルギー消費量は、床をはえまわる幼虫、カップルを求め、交尾したら卵を産むため動き回る成虫の10分-100分の1ぐらいのエネルギーしか必要としない試算もあります。エネルギーを使用すればするぼど、時間は早く進むと仮定すると、卵、さなぎはゆっくりした時間を過ごし、また幼虫や成虫はエネルギー消費が多いため、それらにくらべ早い時間を過ごすと推測されます。ノミは各ステージの目的にかなうよう時間の経過を設定していると考えられています。
 イヌノミは犬に、ネコノミは猫に感染することがノミにとって最も良い環境ですが、猫ノミは犬・うさぎ・フェレット・ヒトなど種を超えて感染します。北半球の日本ではイヌに感染したノミの60-70%位がネコノミです。
 また犬猫の瓜実条虫・ヒトの猫ひっかき病・犬猫ヒトのノミアレルギーなどを媒介します。
 
 感染は跳ねて別の動物の皮膚に移り寄生生活を始めるか、またオーナーの靴底に付着したノミの卵が成長して犬猫に感染します。                 
---------------------------------------------------------------------
 
の
ノミに感染していると皮膚は『黒こしょうのようなブツブツ』が診られます。 
 
の
写真③④、猫のノミ成虫感染の皮膚(③④)
 
これら『黒いブツブツ』はノミおよびノミの糞のことが殆どです。皮膚についた泥との区別は水道水を少々かけると、ノミ糞は血を吸っていますので写真のように赤くなります。
 

 写真⑤ ノミ取り櫛を使用すると、ノミとノミの糞がこのようにとれました。
 逆に少数寄生の場合は皮膚を診ただけだは診断不可能な場合もあります。ノミ取り櫛を使用することは診断の補助になります。

---------------------------------------------------------------------


 camera写真⑥、環境中のノミ成虫の割合
 ノミの診断は皮膚で発見される成虫(写真①)でしかおこなえません。成虫は写真⑥を見るとノミ全体の5%を占めているのみで氷山の一角を見ているに過ぎません。し5匹のノミ成虫が皮膚で発見されたら、環境に95匹の未成熟のノミ(さなぎ・幼虫・卵)がいる計算になります。
そのためノミの駆除には薬剤は長い間使用が必要になります。
 
---------------------------------------------------------------------
■ノミに刺されると
 筆者の経験ですが、ノミに刺されると、ひどい痒みが生じます。
獣医資格をとったころ、庭や廊下にノミが飛んでいるお宅に往診にいって刺されたことがあります。赤く腫れ、虫刺されの薬を塗布しても全く効果なく、1週間は大変でした。
この往診した御宅のように、いつもノミがいる環境で、この状態がずっと続くと考えるとゾットします。
 

【関連記事】
コンフォテンス錠(成分名スピノサド)
マダニの生態
犬の代表的な外部寄生虫
偶然発見したウサギのツメダニ
ウサギにおけるノミ幼虫の発見

 
最終更新:平成27年4月21日(月)23時5分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

おpencil2マダニの生態


 

う マダニは吸血期間は生涯約20日といはれています。他の期間は脱皮・産卵をして、自然環境下で生活しています。埃内にいてアトピーの原因になるコナヒョウヒダニは0.3mmですが、マダニは2mmから条件によっては30mmにもなります。そのため黒い腫瘍ができたと勘違いして来院するケースもあります。

ダ 屋外犬に多く見られ、マダニ類は幼ダニ、若ダニの森林や草地などに生息します。
マダニ類は葉の先で待機して、犬が草むらを通過すると、犬の二酸化炭素を探知して、葉から犬に乗り移り感染します。そのため犬の地面から20-30cmのあたりに多く診られます。
本院の近所なら多摩川、枡形山、生田緑地などに散歩する方は注意です。                           


■症例 
だ

草むらの散歩で感染した犬のマダニ感染。

 マダニは肉眼で発見されます。写真のように頭部を皮膚に食い込んで吸血します。吸血中は局所麻酔薬に似た物質を出すので、犬に痛み・痒みはありません。吸血量は48時間以後に最高になり、雌成ダニは吸血前より100倍になる場合もあります。
  も  卵、幼ダニ、若ダニ、成ダニ4期の発育期があり、卵期を除く各発育期のダニは吸血します。写真の右2つは若ダニ、左3つは成ダニです。

駆虫はマダニに効能がある製品を薦めます。


 【関連記事】
無気門亜目のダニ類
鳥類のジラミ感染
ノミの生態
マダニの生態
猫の耳ダニ

 最終更新:平成27年4月21日(月)16時00分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

adog犬の代表的な外部寄生虫camera



a

■犬のノミ症 
 犬にノミが感染すると、皮膚は「黒こしょう」のようにつずつずが診られます。
 日本では犬も猫ノミが殆どです。

 ノミが犬の体に寄生すると、かゆみのためにひっかいたりかんだりして皮膚炎を起こします。
 犬だけでなく、飼い主を刺すこともあり、激しいかゆみや皮膚炎を起こすことも少なくありません。
 またマンションなど密閉された環境で飼育している場合も最近ノミを診ることも多くあります。

up arrow犬の診療に戻る

--------------------------------------------------------------------

a

■犬のマダニ症(dog tick ⇒詳細はこちらへ
 写真のようなマダニが皮膚に寄生します。

 マダニは川沿い、野山の草に潜んでいて犬に感染します。
 最近新聞紙上で記載の多いSFTSウイルスはこのマダニの中に潜んでいます。

up arrow犬の診療に戻る


---------------------------------------------------------------------

a■犬の疥癬 sarcoptieccanis ⇒詳細はこちらへ
 犬の疥癬は皮膚の角質層に感染して、激しい痒みを示す疾患です。
 耳、鼻、腹部など皮膚の薄いことろにが好発部位です。
20年前はよくありましたが、最近は殆ど診なくなりました。

up arrow犬の診療に戻る

--------------------------------------------------------------------

a■犬の耳ダニ 
 
耳の中から黒い耳垢がでてききて、犬ちゃんが異常に耳を痒がる場合は耳ダニがいることが多いです。
 早く来院すればほぼ治る病気です。 経過が長いと内耳に炎症が及ぶこともあり、その場合は大変です。耳ダニはいなくなっても内耳障害は残ることもあります。
 
 犬の耳ダニはヒトへの感染がある意見もあります。また耳の中が黒くても他の耳疾患のこともありますので、早く動物病院で診療をお薦めします。

up arrow犬の診療に戻る


--------------------------------------------------------------------
 
a

■犬のニキビダニ症Demodex canis) 詳細はこちら
 生まれたときはニキビダニはいませんが、母犬から子犬は感染します。そのため殆どの犬はニキビダニはもっています。
 
 若い犬は(主に1歳未満)自然治癒する場合もありますが、また十分な免疫ができていないため、個体によっては皮膚病になることがあります。この場合は1歳位で自然治癒する場合もあります。

 年齢(主に1歳以上)が経ってからのニキビダニは基礎疾患を考えなければなりません。しかしみつかりにくいのが現状です。

up arrow犬の診療に戻る

---------------------------------------------------------------------

■犬の内部寄生虫right arrowこちらへ


【関連記事】
鳥類のジラミ感染
ノミの生態
マダニの生態
猫の耳ダニ

 最終更新:平成27年4月21日(月)16時00分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

あ
bookコンフォテンス錠(成分名スピノサド)

 月1回飲むことでイヌ・ネコのノミ・マダニ駆除が殆ど(98%)可能でな薬剤です。
特徴は投薬後3-4時間の短時間で駆除が可能なことです。


本院で処方可能です。いろんなサイズがあるので電話確認下さい。

 
 スピノサドはバージン諸島の土壌中から発見された放線菌の1種、サッカロポリスポラ・スピノサが産生する殺虫活性成分であり、これを用いた本剤は従来の殺虫剤とは異なる作用機作とユニークな特長を持ちます。先行販売されていたアメリカではこの薬剤は人気が高くよく売れているそうです。

 本院ではノミ・マダニには皮膚滴下型(スポットタイプ)のフロントラインなどで良好な評価は得てきました。個人的にはわざわざ今さら「飲む薬剤」を投与する必要があるのかとおもいましたが、最新薬にはよい特徴があるのでご紹介します。

---------------------------------------------------------------------

 ●使用動物 犬猫のみ エキゾチック動物は不明です。

 

平成24年7月13日より猫も認可がおりました。のら猫のノミ・ダニ予防・駆虫には最適でと考えます。抱っこなどにより、ノミ・ダニ用の皮膚滴下剤が犬猫の皮膚から人(特に幼児)の皮膚に付着して気になる方被毛がぬれることに抵抗あるにお薦めです。
スポット剤で一部、効能が低いとも報告されている眼の周り、鼻先、指の間のマダニ感染にも血液で全身を回るので効果あります。クリイロコマダニにも効果あります。
 LD50は7500mg/kgと高い(家庭の食塩でLD50が3000-4000mg/kg)薬剤です。参考までにスピノサドの犬の投与量は30mg/kgです。
---------------------------------------------------------------------
■コンフォテンス錠(成分名スピノサド)の効能を示す寄生虫










---------------------------------------------------------------------
■コンフォテンス錠(成分名スピノサド)の作用機序
①経口投与
②腸から速やかに吸収
③血液中へ
④全身の脂肪に移動、
⑤少しずつスピノサドを放出して血液中へ1ヶ月の間維持します。
⑥スピノサドは吸血作用のあるノミ・マダニのみ駆虫効果があります。
⑦排泄は肝臓6割、腎臓3割です。末期の肝不全・腎不全でない限り投薬は問題ありません。便、尿の中のスピノサドの代謝産物はでますが、1週間で分解して環境に悪影響はありません。

【関連記事】
鳥類のジラミ感染
ノミの生態
マダニの生態
猫の耳ダニ

 最終更新:平成27年4月21日(月)16時00分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新


あ
tiger犬猫用のノミ・ダニ製剤について

ノミ・ダニは人にも感染する可能性がありますので注意してください。----------------------------------------------------------------------
飲み薬タイプ
コンフォデイズ®(成分名、スピノサド
 
 
2012年に犬猫用で販売されたノミ、ダニ用の経口薬剤で副作用も少なく、ノミ、ダニに良好に駆虫します。
 
■成分名・スピノサドの認可効能
  
①ノミ駆除   ②マダニ駆除 ----------------------------------------------------------------------
 
スポットタイプ

 フロントライン®・プラス
(成分名、フィプロニル、(s)-メトプレンの合剤)

 ノ ミ・マダニ・シラミに作用します。フィプロニルは、脂肪に富む体表や表皮に分布し、さらに皮脂腺に集まりプールされます。
 そこから徐々に皮脂とともに皮膚 や被毛上に放出され ノミ・マダニを接触によってすみやかに駆除します。このことにより長期間の持続効果が得られ、シャンプーや水浴の影響もうけにくいとされています。
(s)-メトプレンが含有しているので、ノミの卵の孵化、幼虫から蛹への変態を阻害します。



マイフリーガード®(成分名、フィプロニル)
マイフリーガードはフロントラインのジェネリック品です。
フロントラインにくらべて安価で効能は殆ど変わらない文献報告もあります。ノミ・マダニ・シラミに作用します。



■成分名・フィプロニールの認可効能
  
①ノミ駆除   ②マダニ駆除  ③シラミ駆除----------------------------------------------------------------------
レボリューション®(成分名・セラメクチン)
この薬剤は①ノミだけでなく②フィラリア予防・③シラミ・④耳ダニ・⑤回虫(主に猫)にも作用します。
マダニには効能はありません。






■セラメクチンの認可効能 
     
①ノミ駆除  ②フィラリア予防 ③シラミ駆除 ④耳ダニ駆除            
   
⑤猫回虫駆虫

 ----------------------------------------------------------------------

プラクティック®(成分名、ピリプノール   


 
ピリプノール皮膚滴下剤犬のみです。
希釈剤はジエチルグリコールモノエチルエーテルであり、この物質にアルコールは入っていないため、他社でアルコール過敏の犬にも使用可能です。
■成分名・ピリプノールの認可効能
  
①ノミ駆除   ②マダニ駆除 ----------------------------------------------------------------------
フォートレオン®(成分名、ぺルメトリン、イミダクロプリド)

 
フォートレオン®は2種類の薬剤が配合されています。
マダニの皮膚への付着を阻止してし、咬みつく前に駆除するぺルメトリンとノミの吸血を阻止して、ノミ成虫に駆除効果を発揮するネオニコチノイド系イミダクロプリドが配合されています。
 
皮膚滴下剤
で使用認可は
犬のみです。
猫にぺルメトリン製剤は禁忌です。
■成分名・ぺルメトリン、イミダクロプリドの認可効能
  
①ノミ駆除   ②マダニ駆除 ----------------------------------------------------------------------

スポットタイプ 
これらのスポットタイブは皮膚にたらして効能を示す薬剤をさします。
写真参照)
比較的誰でもできます。
早い薬剤で生後6週令、遅い薬剤で
生後10週令から使用可能です。

 ----------------------------------------------------------------------
スプレータイプ

① 
 スプレータイプは人気はありませんが、写真①のフトントライン、スプレータイプは生後2日目より使用可能です。
ミルクの飲み具合など健康状態に注意点はありますが、保護された
子犬・仔猫にノミ、ダニ、シラミがいた場合に幼少期(写真②)から使用できる薬剤形態です。


【関連記事】

鳥類のジラミ感染
ノミの生態
マダニの生態
猫の耳ダニ

 最終更新:平成27年4月21日(月)16時00分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

おdog犬疥癬はヒトに接触感染します。


あ

 世田谷区からセカンドオピニオンで来院したケースです。2歳の雄のプードルです。家庭に来た時から、耳介、ひじやかかとなど被毛の薄い部分が『粉をまいたような皮疹疹』ができて、犬はひどいかゆみに悩まされていました。そして次第に病変は拡大していき、全身が激しい痒みがおき、皮膚は厚くなり悪化傾向になったため、本院を訪れました。

あ診断は皮膚の掻爬検査で疥癬を見つけます。
あ オーナーの腕です。オーナーも犬を飼育してから、慢性の痒みに悩まさせていました。疥癬はヒトにも一時的に感染します。腕などが吸血されやすい部位です。

この症例は疥癬の駆虫剤で犬もヒトもよくなりました。


 【関連記事】
無気門亜目のダニ類
モルモットの疥癬
ネコの疥癬
マウスのツメダニ
ウサギの蛆
鳥類のジラミ感染
ノミの生態
マダニの生態
猫の耳ダニ

 最終更新:平成27年4月21日(月)16時00分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

お
■無気門亜目のダニ類
 

 無気門亜目のダニ類はヒゼンダニ科、チリダニ科、コナダニ科など60科があります。気門がなく(気門はヒトで言う気管)呼吸は皮膚を通じて行なっています。

 筆者は動物診療の範囲では無気門亜目のダニ類は、①ヒトや動物の皮膚の角質層に感染して直接的な被害をもたらすヒゼンダニ科、外耳道に感染するキュウセンヒゼンダニ科、②動物のアレルギーの原因になるコナダニ科、③室内塵や食品中に発生し経済的な被害を与えるチリダニ科、以上3点が重要と考えています。
---------------------------------------------------------------------
ヒゼンダニ科 
 動物の皮膚に感染するヒゼンダニ科です。ヒトでも集団感染が診られます。本院ではイヌ、ネコ、ウサギ、セキセイインコ、モルモットで診たことがあります。体長は0.2-0.4mmで、特にイヌ、ネコでは人体に直接被害をもたらし、人畜共通の疾患として重要です。(ウサギ、セキセイインコ、モルモットは不明)
 
 
ヒゼンダニ(疥癬)成虫と卵


犬ヒゼンダニ(疥癬)に刺されたオーナーの腕。
 
----------------------------------------------------------------------
キュウセンヒゼンダニ科
 キュウセンヒゼンダニ科は外耳道に寄生し、皮膚表面のカスや組織液を食べて生活しています体長は0.2-0.4mm位です。本院ではイヌ、ネコ、ウサギ、フェレットで診たことがあります。
 
キュウセンヒゼンダニ(耳ダニ)成虫とウサギの耳ダニ外観
----------------------------------------------------------------------
チリダニ科
  
 チリダニ科は布団、室内塵に生息しています。体長は0.4mmで屋内のダニの80-90%を占めます。ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニが代表的な種類です。ヒト、動物ともに皮膚を刺すことはありません。また誤って食しても少量ならヒト・動物には無害ですが、喘息、アトピー性皮膚炎の主要なアレルゲンとして注目を集めています。アレルゲンは虫体のみでなく、その死骸、糞関係するので、噴霧薬剤のみでは予防にはなりません。
 
 そこで掃除機にストッキングをまいて、1ヶ所に1分かけて掃除機をすることが大切です。またアイロンにストッキングをまいて熱でダニを殺傷する方法もあります。
布団や 枕周りは、じめじめするので繁殖しやすいため要注意です。外干しても日光のあたっていない部位にチリダニが移動するのみです。そのため減らすことでアレリギーの軽減はできますが、100%の駆除は不可能です。
以上の理由から動物用のアレルギーの検査によく含まれている項目です。
 
 オーナーの方は『私は綺麗好きで家の隅々まで掃除をするから、うちにはダニはいない。だからダニアレルギーはないと勘違いしている方がいました。先日NHKで放映された『ダニの番組でも綺麗好きで知られる漫画家のお宅からもチリダニは発見されました。埃1g中、2000-3000匹のチリダニがいると報告されています。これらアレルゲンは比重がおもく床に散乱しています。床材にはカーペットとフローリングがあります。以前はフローリングは安全という意見もありましたが、最近の研究では、フローリングの法が、掃除機を使用する際、埃をまき散らすので、乳幼児やペットのように座高の低い位置で生活してる場合はアレリギーをおこしやすく注意が必要です。部屋に霧吹きをしてから掃除機をかけて、水滴をふき取りなどの作業が必要です。
 
----------------------------------------------------------------------
コナダニ科
 コナダニ科は体長は0.4mm位で食品などに発生して質を落とします。『かつおぶし、クッキーなど封をあけたままや、また輪ゴムをかけたままの保存では多く発生しています。口の中に入れても少量なら、ヒトには無害なこともありますが、保存状態が悪いと、お好み焼きの粉の中1g中に22800匹コナダニが発生して、アレルギー症状をおこした親子のケースも新聞で報道されています。お好み焼き、小麦粉などは粉を保存する場合は、2重にジップロックをして、冷蔵庫に保管することが大切です。
 
 
困ったことにこのコナダニはツメダニに食べられます。そのためコナダニのいるところにはツメダニは集まります。ツメダニ(無気門亜目ではないが)はヒトの皮膚を刺すことがあります。なおヒトのダニの分類では埃にいるツメダニは『ツメダニで、動物の皮膚角質層に寄生するツメダニケモノツメダニと分けられている本もあります。
【関連記事】 
マダニによるSFTSウイルスについて

最終更新:平成27年4月21日(火)15時30分

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

あ
dogマダニによる
SFTS(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome
ウイルスについて


SFTSウイルスは、マダニの中で生息するウイルスです。
犬ではマダニの感染のみで、マダニの感染症状はありますが、SFTSウイルスの症状はありません。
しかしヒトではマダニを潰した手が眼に触れて失眼したり、血小板が減少して死亡例もある恐い病気です。
犬以外でもマダニの感染には注意が必要です。
----------------------------------------------------------------------
 マダニにヒトが刺されておこる重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome: SFTS)は国内では山口県内で平成24年秋に亡くなられた成人女性がきっかけで始めて確認されました。
新聞記事は平成25年1月)

 その後、この疾患は西日本のみですが他県でも患者が確認され、ヒトでは感染症法上の四類感染症に指定されています。
 SFTSウイルスは本来、山奥にしかいないイノシシ、シカの皮膚に寄生していたマダニ内にいました。
近年、野山の伐採で、現在イノシシ、シカが住宅地域に出没して、近所の畑を荒らすことが問題になっています。その際、昔だったら山奥のイノシシ、シカにしかいなかったマダニも、ヒトの居住地域に侵入して、ヒト、犬を刺したり、寄生して、SFTSウイルスが蔓延して今になっていると推測されます。現在注目も高く、平成26年8月26日(火)NHKニュースウオッチ始めテレビ、新聞で、マダニによるSFTSウイルスのことは数多く紹介されています。
----------------------------------------------------------------------
                      
マダニ
 原因はSFTSウイルスを持っている写真のマダニがヒトを刺すことで感染します。
マダニのSFTSウイルスの保有率は5-15%なので刺されたからといって必ずヒトは感染する訳ではありません。
また免疫力の強い方は自然治癒もあると推察されています。
 ヒトへの感染は、①直接マダニに草むらなどで刺されるか、②またマダニを潰した場合接触感染します。
マダニに感染しているペットを介して、新しい感染形態もある伝染病です。
 
 SFTSウイルスは西日本にみでなく、北海道、東北のマダニでも確認されていますが、ヒトへの感染は報告されてません。なぜ気温の低い、北海道、東北ではヒトへの感染がないか不明です。
  
 平成26年8月現在、現在95名ヒトが感染して31名が死亡しています。死亡率は高い病気です。しかし犬はヒトと異なりSFTSウイルスに感染しても抗体価の上昇はありますが症状はありません。
① 
 写真①は野外に散歩してマダニに感染した犬で、写真②は自宅の庭で飼育していたウサギがマダニ感染した例です。 このマダニをペットのオーナーが手で潰してダニの血液から接触感染したり、またマダニからヒトが直接刺されたりすることで感染します。 
 
 予防法
動物⇒外に行く動物は必ず動物病院のみで販売されているマダニ効果のある薬剤を使用すること、
ヒト(オーナー)⇒夏から秋などマダニが活発な時期に草むらにいくときは長袖、長ズボンで肌を露出させないことが大切です。2-3時間の効果しかありませんが、ヒト用虫除けスプレーも有効です。

【関連記事】
鳥類のジラミ感染
ノミの生態
マダニの生態
猫の耳ダニ

 最終更新:平成27年4月21日(火)15時30分


 

投稿者: オダガワ動物病院

2015.04.21更新

dogマダニ類、後気門亜目のダニ類

  後気門亜目のダニ類は主にマダニ類の感染を指します。
マダニ類は英名で『tick』と呼ばれ、他の多くのダニ類の『mite』と区別されます。
 
 最近テレビで紹介されるSFTSウイルスはこのマダニから感染します。(他のダニからは感染しません)そのため犬猫のみではなく人畜共通感染症の観点から大切な位置付けになります。

 マダニ類はマダニ科(マダニ属Ixodes、チマダニ属 Haemaphysalis 、キララマダニ属 Amblyomma 、コイタマダニ属 Rhipicephalus 、カクマダニ属 Dermacentor など)があり、日本国内にはマダニ科6属とヒメダニ科2属の計2科8属が生息して各種哺乳動物,鳥類や爬虫類などに寄生します。---------------------------------------------------------------------

 ■マダニの生態

 

① 

写真①②、草むらの散歩で感染した犬のマダニ感染。 

 マダニは肉眼で発見されます。(写真②)、卵、幼ダニ、若ダニ、成ダニ4期の発育期があり、卵期を除く各発育期のダニは吸血します。写真①の右2つは若ダニ、左3つは成ダニです。
 写真②のように頭部を皮膚に食い込んで吸血します。吸血期間は生涯約20日といはれています。吸血中は局所麻酔薬に似た物質を出すので、犬に痛み・痒みはありません。吸血量は48時間以後に最高になり、雌成ダニは吸血前より100倍になる場合もあります。他の期間は脱皮・産卵をして、自然環境下で生活しています。
 家庭の埃内にいてアトピーの原因になるコナヒョウヒダニは0.3mmですが、マダニは2mmから条件によっては30mmにもなります。そのため黒い腫瘍ができたと勘違いして来院するケースもあります。

④  
 屋外犬に多く見られマダニ類は写真③の森林や草地などに生息します

 通常マダニは葉の裏で生活してますが(写真⑤)マダニは第一脚末節背面にCO2や温度に対するハラー氏器官をもちます。そのため近くを通る犬猫の呼吸などで排泄されたCO2を感知して、葉から犬に乗り移り感染します。乗り移りやすいように地面から20-30cmのあたりに多く診られます。
 
 マダニは吸血期間は生涯約20日といはれています。他の期間は脱皮・産卵をして、自然環境下で生活しています。猫は最近は殆ど室内飼いなため、マダニは犬ほど多く診ません。しかし猫を外に出して飼育している場合は注意が必要です。
 
 以上の理由で、本院近郊の方は生田緑地・多摩川沿いを散歩する場合はマダニまで予防可の薬剤を選ばれることをお勧めします。
 
 ---------------------------------------------------------------------
 マダニの吸血が原因でおこる人獣共通感染症(ズーノーシス)として重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、ライム病、バベシア症、Q熱などがあります。これらの病気は多くの発生はありませんが、ヒトでは注意が必要です。

 平成27年4月、世界の歌姫アヴリル・ラヴィーンさんが、ライム病に感染したため、活動を休止されていることを告白されました。

 この疾患は、病原体のボレリア菌(スピロヘータの一種)を保菌しているマダニに刺されることによって感染します。野山で直接、また犬などに感染しているマダニに刺さされて罹患します。ヒトからヒトへの感染、動物からの直接感染はありません。

 2-4週間の潜伏期間を経て、全身性に多様な症状が現れますが、特異的な症状はありませんが、遊走性紅斑、関節痛の症状が多くみられます。マダニに刺された可能性をよく担当医に話ことが大切です。

 初期なら抗生剤の1ケ月間位の投与でよくなることが多いですが、冒頭のアヴリル・ラヴィーンさんのケースは2014年の春先にマダニにかまれたと推測され、その後倦怠感などあったにもかかわれず、多忙のため病院にいくことが遅れてしまい、同年の10月になって診断されました。時間が経ったため重症化してしまい、ネット上で病気を告白した2015年4月ころ、ようやく80%回復した状態だったそうです。

 日本ではライム病罹患率は、全国では人口10万対0.008で、多くの発生はありませんが、ニューヨークでは5人に1人が罹患しており風土病になっています。病原体を媒介するマダニは、日本ではシュルツェマダニが主で、中部山岳地帯以北の標高800mあたりから存在します。垂直分布の関係で北海道では平地でもいるので、罹患率が最も高いです。

 原因菌のライム病ボレリアは 世界的に5種類が知られていますが、日本ではボレリア・ガリニ(Borrelia garinii)が主な病原体となっています。
 
では犬の場合はライム病はどうかといえば、多くの発生はないと推測されています。また感染しても95%は無症状です。5%は発熱や食欲不振、元気の低下、関節炎などの症状を呈します。本院のある神奈川県はシュルツェマダニは多く生息してない関係か、ライム病はみたことはありませんが、このマダニの生息する地域の方は注意はしてください。

 ---------------------------------------------------------------------
■犬のマダニ駆虫について
 マダニ類は英語でtickです。薬剤は『ダニ用
の記載のある薬剤が必要です。
他の多くのダニ類は『miteと表され、ノミ用でも駆虫効果が見られることもあります。
以下の薬剤はマダニ類tick』の駆虫効果があります。
 

 ■フロントライン®・プラス
(成分名、フィプロニル、(s)-メトプレンの合剤)

  ノ ミ・マダニ・シラミに作用します。フィプロニルは、脂肪に富む体表や表皮に分布し、さらに皮脂腺に集まりプールされます。そこから徐々に皮脂とともに皮膚 や被毛上に放出され ノミ・マダニを接触によってすみやかに駆除します。このことにより長期間の持続効果が得られ、シャンプーや水浴の影響もうけにくいとされています。
(s)-メトプレンが含有しているので、ノミの卵の孵化、幼虫から蛹への変態を阻害します。この薬剤はうさぎは禁忌です。

 

 


■マイフリーガード®(成分名、フィプロニル)
マイフリーガードはフロントラインのジェネリック品です。
フロントラインにくらべて安価で効能は殆ど変わらない文献報告もあります。ノミ・マダニ・シラミに作用します。


                   

 ---------------------------------------------------------------------

プラクティック®(成分名、ピリプノール  



 
ピリプノール皮膚滴下剤犬のみです。
希釈剤はジエチルグリコールモノエチルエーテルであり、この物質にアルコールは入っていないため、他社でアルコール過敏の犬にも使用可能です。---------------------------------------------------------------------

フォートレオン®(成分名、ぺルメトリン、イミダクロプリド)


 
フォートレオン®は2種類の薬剤が配合されています。
マダニの皮膚への付着を阻止してし、咬みつく前に駆除するぺルメトリンとノミの吸血を阻止して、ノミ成虫に駆除効果を発揮するネオニコチノイド系イミダクロプリドが配合されています。
皮膚滴下剤
で使用認可は
犬のみです。
猫にぺルメトリン製剤は禁忌です。---------------------------------------------------------------------
■コンフォデイズ®(成分名 スピノサド)、経口剤

 
 
2012年に犬猫用で販売されたノミ、ダニ用の経口薬剤です。嘔吐しやすい副作用はありますが、ノミ、ダニに良好に作用します。
---------------------------------------------------------------------

 マダニの吸血が原因でおこる人獣共通感染症(ズーノーシス)としてSFTSウイルス、ライム病、バベシア症、Q熱があります。これら4つの病気は多くの発生はありませんが、ヒトでは注意が必要です。

 平成27年4月、世界の歌姫アヴリル・ラヴィーンさんが、ライム病に感染したため、活動を休止されていることを告白されました。

 この疾患は、病原体のボレリア菌(スピロヘータの一種)を保菌しているマダニに刺されることによって感染します。野山で直接、また犬などに感染しているマダニに刺さされて罹患します。ヒトからヒトへの感染、動物からの直接感染はありません。

 2-4週間の潜伏期間を経て、全身性に多様な症状が現れますが、特異的な症状はありませんが、遊走性紅斑、関節痛の症状が多くみられます。マダニに刺された可能性をよく担当医に話ことが大切です。

 初期なら抗生剤の1ケ月間位の投与でよくなることが多いですが、冒頭のアヴリル・ラヴィーンさんのケースは2014年の春先にマダニにかまれたと推測され、その後倦怠感などあったにもかかわれず、多忙のため病院にいくことが遅れてしまい、同年の10月になって診断されました。時間が経ったため重症化してしまい、ネット上で病気を告白した2015年4月ころ、ようやく80%回復した状態だったそうです。

 日本ではライム病罹患率は、全国では人口10万対0.008で、多くの発生はありませんが、ニューヨークでは5人に1人が罹患しており風土病になっています。病原体を媒介するマダニは、日本ではシュルツェマダニが主で、中部山岳地帯以北の標高800mあたりから存在します。垂直分布の関係で北海道では平地でもいるので、罹患率が最も高いです。

 原因菌のライム病ボレリアは 世界的に5種類が知られていますが、日本ではボレリア・ガリニ(Borrelia garinii)が主な病原体となっています。

 ではdog犬の場合はライム病はどうかといえば、多くの発生はないと推測されています。また感染しても95%は無症状です。5%は発熱や食欲不振、元気の低下、関節炎などの症状を呈します。本院のある神奈川県はシュルツェマダニは多く生息してない関係か、ライム病はみたことはありませんが、このマダニの生息する地域の方は注意はしてください。


【関連記事】
皮膚糸状菌の感染
犬の代表的な外部寄生虫
マダニとダニ
マダニによるSFTSウイルスについて
ノミの生態
猫回虫、瓜実条虫の混合感染

 
  最終更新:平成27年4月21日(火)12時7分

 

投稿者: オダガワ動物病院

前へ

entryの検索