小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.03.05更新

あchickセキセイインコ尾脂腺腫のレーザー治療


あ
尾の付け根に『できもの』があり来院した7歳雄のセキセイインコです。
以前の動物病院では飲み薬を処方されて効果がなかったらしいです。
尾の付け根を視ると尾脂腺腫が見つかりました。

あ
本院ではレーザー治療を選択しました。

あ
レーザー治療は2週間間隔で3回おこないなした。
尾脂腺のできものは殆どなくなりました。

ただし、この症例はだいたいよくなりましたが、
尾脂腺腫のレーザー治療の適応には大きさに限界はあります。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あflower2トウヤリンドウ(乗鞍、畳平、8月)


 

投稿者: オダガワ動物病院

2018.03.01更新

あrabbit肝臓腫瘍と肺転移が疑われたウサギ 


8才の雌のうさぎが来院しました。
2-3日前より、食欲がなく呼吸が荒いそうです。
触診では胃の下方にマス病変が触診されました。

■レントゲン検査 
 レントゲンで「胃の下方にマス病変」は肝臓であることがわかりました。
 
 この症例は全身状態がわるいこと、また肺への転移が疑われたので手術は中止しました。

 食欲亢進剤と痛み止めで様子をみていますが予後は厳しいです。

■レントゲン検査 
 レントゲンで「胃の下方にマス病変」は肝臓であることがわかりました。
 
 この症例は全身状態がわるいこと、また肺への転移が疑われたので手術は中止しました。

 食欲亢進剤と痛み止めで様子をみていますが予後は厳しいです。


  【関連記事】
ウサギの雌雄鑑別法
ウサギ・モルモット・ハムスターの強制給餌について
ウサギの便が肛門、足底に付着、蛆がわくこともあります。
うさぎの門歯(前歯) 
ウサギの眼 
ウサギの去勢手術
ウサギの避妊手術
ウサギのエンセファリトゾーン


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院