小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.07.01更新

オダガワrabbit再生医療がうまくいった左前肢のウサギの腫瘍


 

ウサギが6歳であること、黄疸もあるので、
左前肢のうさぎの腫瘍の経過をみていました。
すると最近増大傾向になり、手術をすることになりました。

 

しかし手術をしても、皮膚をつける余裕がないことが予想されました。

 

そこで再生医療を試みました。 
手術前に血液を採って、クエン酸NaとCa剤を入れて、所謂「血液の海苔」を作製しました。

皮膚を縫合する余裕がないので、
「血液の海苔」を手術した部位に貼って、
非固着ガーゼをつけてバンテージで固定しました。



その後3週間後には、よくなりました。


 

calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療
rabbitright arrowウサギの雌雄鑑別法
rabbitright arrowウサギ・モルモット・ハムスターの強制給餌について
rabbitright arrowウサギの便が肛門、足底に付着、蛆がわくこともあります。
rabbitright arrowうさぎの門歯(前歯) 
rabbitright arrowウサギの眼 
rabbitright arrowウサギの去勢手術
rabbitright arrowウサギの避妊手術
rabbitright arrowウサギのエンセファリトゾーン


 【break time】

あflower2蓮(不忍池、7月)


 

投稿者: オダガワ動物病院