小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.11.27更新

あdogtiger【ノミ、ダニの経口駆除剤】
使用可能な動物は犬猫のみで
ウサギなどは使用報告はありません。


direマダニの皮膚滴下駆虫剤は
 


direノミ、ダニの経口駆除剤の紹介

1ノミ、ダニの経口駆除剤dog「ブラベクト」(成分名 フルナナレル)は経口で
right arrow犬のみ3ケ月間の効果あるノミ・マダニ製です。---------------------------------------------------------------------

 
dogtigerコンフォデイズ®(成分名 スピノサド)、経口剤
 コンフォデイズ®は2012年に販売された
right arrowノミright arrow
ダニ用経口剤で犬猫用があります。
月1回の投薬になります。
 
猫の経口ノミ薬はこの薬剤のみです。
スピノサド製剤はときどき吐くのが欠点です。
 
a 
dogパノラミス®(成分名 スピノサド、ミルベマイシンの合剤)
  パノラミス®は2015年に発売されたスピノサドとミルベマイシンの合剤で、
right arrowノミright arrowダニの他にもフィラリア、線虫類の予防も可能です。
月1回の使用です。
 ---------------------------------------------------------------------
あ
■ネクスガード®スペクトラ
(成分名 アフォキソラネル)、経口剤
 ネクスガード®は2015年に犬用で販売されたフィラリア予防、right arrowノミright arrowダニ用の経口薬剤です。滴下タイプが苦手な方にはお薦めです。月1回の使用です。
 ---------------------------------------------------------------------
■まとめ
 注意点として、スピノサド製品、ネクスガード®は一度に複数回(当院では多い方で7回)を処方するケースが多い薬剤です。両薬剤とも嗜好性は良好なため、動物に目の届かない場所で保管しないと、薬剤をすべて食べてしまったケースもあり注意が必要です。

 私の開業している地域ではright arrowノミright arrowマダニは予防は5月から10月頃までの薬剤の投与で殆ど感染は診られません。

 しかしright arrow希にマダニは冬でも感染が診られます。
また最新のマンションで飼育されている犬猫がトリミングにくると、密閉性が高いせいか、right arrow冬でもノミが診られる場合もあります。
 
 そのため薬剤は年中必要な場合も生じることがあります。なおノミはある研究によると14度以上の環境だと年中繁殖します。

padright arrow【当院への道順】



 【break time】

あ glitter3尾瀬(10月)


投稿者: オダガワ動物病院

2017.11.27更新

オダガワノミ、ダニの皮膚滴下駆除剤(スポットタイプ)の
副作用症例


dire 使用薬剤の選択
 
認可薬剤は殆どが犬猫用ですが、犬のみにしか認可がない薬剤もあります。
 ウサギをはじめエキゾチックペットは認可薬はありません。認可外使用で安全な薬剤はありますが、死亡例の報告のあるノミ、ダニ薬剤もあり、薬物選択には細心の注意が必要です。
詳細はよく掛り付け獣医師とお話し下さい。


rabbitboarmouseright arrowウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 
dogtigerright arrow犬猫用のノミ・ダニ製剤について
dogtigerright arrow犬猫のマダニの生態、駆除剤


dire 副作用症例

本院では下記の副作用は年に0-1匹です。

あ
tiger猫の症例 滴下部位にリンクして皮膚が脱毛します。
滴下剤に含有されているアルコールに
アレルギーをおこしていると推測されます。
治るには1ケ月位かかりました。ノミ、ダニの駆虫は
right arrowノミ、ダニ製剤の経口駆除剤
を薦めました。

 

あ
dog犬の症例 他に皮膚に滴下すると、背中を床にこすりつけて嫌がることもありました。
この犬は神経質で投薬も大変でした。そこで
right arrow犬に3ケ月間の効果あるノミ・マダニ製剤に変更しました。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


投稿者: オダガワ動物病院