小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

▶油断しないで、猫のフィラリア症

お

tiger 猫のフィラリア症


 

あ


  一昔前まで、猫のフィラリア症は殆どないと考えられてきました。最近になって有病率(成虫寄⽣率)を調べる調査がおこなはれました。
その結果、本院近郊の東京の世田谷、国立では約15%も感染が診られています。
また日本全国の猫のフィラリア症の30%が室内飼育のみの猫でおきています。
犬のフィラリア寄⽣率が5-20%なので、猫の陽性率も高いです。
 予防はレボリューション®を月1回、皮膚に滴下することで可能です。ご希望の方は猫を連れてご来院ください。

calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


telephone044-900-8588(木休診、日祝診療) 


 【break time】

あ平和の象徴のバラ、 ピース種