小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

▶平成29年度、狂犬病予防注射、本院の特長として、川崎市在住の方は、注射終了後、すぐに上記の「犬鑑札」また「狂犬病注射済の札」の発行が可能です。(例外を除く)

おdog平成29年度、狂犬病予防注射について


あ高尾梅郷街道(4月)

平成29年度、狂犬病予防注射は3月3日(金)から接種可能です。
料金の安い、3月ー6月いっぱいのご来院がお薦めです

 狂犬病予防接種は、国で定められたワクチンです。狂犬病予防法で3ヶ月以上の犬は年1回必ずおこなうことが義務ずけられています。
料金の安い3月-6月中の接種をお勧めします。
ワクチンのアレルギー歴や重傷な疾患のある場合は事前にお申し出ください。


 

a

3月-6月 注射代 3050円(税込み)
狂犬病予防注射 2回目以後の犬ちゃん 注射代3050円(税込み)と予防注射済の札550円(税込み)で3500円
狂犬病予防注射 初めての犬ちゃん 注射代3050円(税込み)と予防注射済の札550円(税込み)、新規登録料(生涯1回のみ)3000円(税込み)で6500円

7月以後は注射代 4114円(税込み)になります。

米、予防注射済の札と新規登録料は市の仕事の代行のためカードの支払いはできませんのでご協力をお願いします。


 

あ 犬鑑札(生涯1回のみ)

AUG
平成29年狂犬病注射済の札(毎年)

 本院の特長として、川崎市在住の方は、注射終了後、すぐに上記の「犬鑑札」また「狂犬病注射済の札」の発行が可能です。(例外を除く)

 詳細はこちらへ


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


  ご注意点 

犬ちゅんの体調の良い日に来院ください。始めて方はとくに必要書類はありません。

 既に登録済みの犬ちゃん、以前に狂犬病ワクチンを接種した方は下記の通知書(例年3月20日ごろ川崎市より送付予定)をかならずご用意ください。
「狂犬病注射済の札」に即発行にはこの書類が必要です。

あ
川崎市からの通知書(本院飼育の犬用)


参考資料

通知書をなくされた場合 ⇒狂犬病予防注射時に持参するもの、

オダガワ動物病院の診療時間は⇒こちらへ

不明な点は本院telephone044-900-8588 までお願いします。


【break time】

あ高尾梅郷街道(3月)