小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2016.05.30更新

おsheepモルモットの乳腺腫瘍


1右乳腺の腫瘍

3歳、雄のモルモット、体重(1.2kg)に乳腺腫瘍が発見されました。モルモットの乳房は一対(二つ)のみです。なぜかモルモットの乳腺腫瘍は雄に多く発生します。

1摘出した乳腺腫瘍

 血液検査で異常もなく、レントゲンで診れる範囲で転移もなかったため、手術をして摘出しました。
摘出した腫瘍の病理診断は乳腺単純腺腫で良性の腫瘍でした。
モルモットの乳腺腫瘍は本院での経験では、殆どが良性腫瘍であることが多いですが、他の動物病院の報告を診ると悪性腫瘍の発生も珍しくはないようです。年齢が若く、モルモットが麻酔に耐えられるなら、手術が最適な治療法になります。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】
あ
 flower2甲斐駒ケ岳、藪沢より(8月)

 

投稿者: オダガワ動物病院