小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2014.10.01更新

あ
モルモットの皮膚腫瘍(毛包上皮腫のケース)

---------------------------------------------------------------------

  2才のモルモットに『できのも』ができたので多摩区中野島か ら来院しました。
 できのもは硬結していて堅く、細胞診は針が入りませんでした。
 オーナーは手術を希望しましたので、血液・生化学検査をして、異常がないことを確認して、手術をおこないました。

① 
写真①、鎮静薬を投与して、イソフルレン麻酔をしました。写真②は『できもの』の概要
---------------------------------------------------------------------

  
写真③、手術前の様子 写真④は摘出した『できもの』

 手術は順調に終了しましたが、縫合になって、このモルモットが異常に皮膚が硬く、すこし時間がかかりましたが覚醒は順調でした。

---------------------------------------------------------------------
 1週間後の様子。
病理検査では毛包上皮種で良性との診断でした。モルモットは悪性の腫瘍が少ない動物です。

 

 

投稿者: オダガワ動物病院