小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2014.02.01更新

おmouseハムスターのバリウム造影


 

 1.3才のジャンガリアンハムスター の雄がプラスチックの欠片を食べたかもしれないので来院しました。川崎市宮前区からの来院です。体重は43gです。




単純レントゲン 特に異常はありません。











バリウム造影1.5時間











バリウム造影2時間 











バリウム造影4時間










通過は異常なく、また胃の中ものレントゲン非透過性物もみられませんでした。その後、回復しました。


 【関連記事】
ハムスターの腫瘍疾患

犬の消化管寄生虫
小鳥の検便
ウサギ・モルモット・ハムスターと抗生剤
 エキゾチックに安全に使用できるノミ、ダニ製剤 
ハムスターのアレルギー疾患

最終更新:平成26年2月1日 9時57分


 

投稿者: オダガワ動物病院