小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.06.30更新

あtraincar当院への交通アクセス


train電車
train小田急線、向ヶ丘遊園駅、急行停車
新宿、町田より急行利用で約18分
(但し快速急行は止まりません)
北口下車、[出口]から徒歩約1分。東急ストア―真向い。

padright arrow【向ヶ丘遊園駅北口からの道順】

 trainJR南部線、登戸駅
生田緑地口下車、[出口]から徒歩約6分


 ■car駐車場

東名高速道路・川崎インターチェンジより車で15分~20分。
駐車場は病院前に1台停めるスペースがあります。
(診療時間内に限ります。)

あ

あcar当院ではこのような形で駐車していただいています。

----------------------------------------------------------------------

dire駐車場に入りきれない場合は、近所のコインパーキングをご利用下さい。

あ
car当院より徒歩3分以内のコインパーキング


 

right arrow【当院付近の地図】

calendarright arrow当院の診療カレンダー


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あ
flower2染井吉野(3月、二ケ領用水)

 

投稿者: オダガワ動物病院

2018.06.02更新

お dogtigersnake地域によるフィラリア(犬糸状虫)
予防薬の投与時期は


  蚊により媒介されるright arrowフィラリア(犬糸状虫)症の予防薬の投与時期はright arrow神奈川県川崎市多摩区の本院では下記の参考資料から 5-11月の月1回の経口投与を推奨しています。

 しかし同じ多摩区付近でも、蚊が多い場所(池の近くなど)は4月から飲ませたり、また12月でも飲ませている場合もいます。蚊の発生具合とリンクして期間は考えています。 
 フィラリア予防薬は月1回の投薬が基本ですが、right arrow皮下注射で1年間も作用が続くプロハート12®(成分名、モキシデクチン)、また皮膚滴下タイプの使用も可能です。

 right arrow血液と採取してフィラリア陰性を確認してからの投与になります。必ず犬ちやんをお連れください。

か 


dire参考資料

フィラリア(犬糸状虫)の感染期間早見表 
製薬会社が調査した結果です。

犬用ですがright arrowフェレットも参考にできます。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】

snakeright arrowフェレツトのフィラリア予防
tigerright arrow猫のフィラリア症
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あglitter3尾白川、神蛇滝(11月)


 

投稿者: オダガワ動物病院