小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2022.02.09更新

あ chickセキセイインコ、卵管脱出の卵詰まり、急性例


  

あ
(写真1)卵管脱出の卵詰まり

 前日の診療で腹腔内に卵の存在があることが、わかっていた5歳セキセイインコです。
元気で食欲もあり自然に卵が排泄されると予想してました。
翌日、早朝より卵を産む行動が診られ再度受診のため当院を訪れる車の中で写真1のような状態になったそうです。


 

あ
(写真2)摘出した卵

 無事卵を摘出しました。卵管と卵の癒着もなく容易におこなえました。


 

あ
(写真3)取り出した後。

  その後卵管を戻し元気に回復しました。



 この症例は卵管脱出の卵詰まりになってすぐに処置できたので良くなりました。
写真1の状態が12時間続いてから来院した症例はも卵は取りましたが翌日死亡しました。
また推定6-7時間続いていた症例も食欲不振が続き死亡したこともありました。
以上の理由で、卵管脱出の卵詰まりになったら早めに鳥診療可能な動物病院の受診を薦めます。 


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2022.01.26更新

あ chick急性の卵詰まり、死亡例


 

あ
緊急で小桜インコが来院しました。急に状態が悪化しました。

あ
腹部大きく触診で容易に卵詰まりをおこしていることはわかりました。

あ
卵は用手法で容易に摘出できました。

あ
その後、状態はよくならず、1時間後に死亡しました。  


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.12.22更新

あ chick脂肪肝症候群が疑われた小桜インコ


 

あ

あ

最近、元気がないことで来院しました。

最初は黄緑が主体の小桜インコでしたが、数カ月前より写真のように赤い毛が多くみられるようになってきました。

 

 




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.12.10更新

あ chickセキセイインコ、卵管脱出の卵詰まり、12時間経過、死亡例


 

あ
(写真1)朝、動物病院を開けたら、12時間前より卵がお尻についていることで3歳のセキセイインコが来院しました。


 

あ
(写真2)卵殻の部分を割りました。卵の成分は外に出ましたが内側の卵殻が卵管に癒着しています。
なかなか剝がれません。


 

あ
(写真3)ヒトの眼科手術用のピンセットで癒着していた卵殻を剝がしました。


 

あ
(写真4)最後、卵管を総排泄腔に押し込みました。


 

あ
(写真5)割ってなんとか摘出した卵


 オーナーから卵がお尻についていると連絡があると、卵管に卵が癒着している場合が殆どです。
卵が卵管に癒着している時間が長いと、摘出しても食欲が回復しないで死亡することが多くあります。
今回はオーナーが夜気づいたので12時間たっての来院がやっとでした。
残念ながら翌日死亡してしまいました。


 pencil1考察

 『卵管脱出の卵詰まり』は何例か経験していますが、当院の結果では 『卵管脱出の卵詰まり』がおきて治療するまでの時間がポイントになります。
午前から出ていて、午後来院したケースでは卵の摘出、卵管をもとに戻すとこはできますが、その後食欲不振を伴い死亡するケースが多くありました。
朝起きたら『卵管脱出の卵詰まり』がおきていて午前11時ごろ来院したケースでは2日目より元気を回復しました。
 『卵管脱出の卵詰まり』がおきたら早く小鳥を診てくれる動物病院に来院することが大切だと感じました。


bookリンク
chickセキセイインコ、卵管脱出の卵詰まり、急性例

chickオカメインコの卵詰まり

chickセキセイインコの卵・卵管の脱出

chickセキセイインコの卵管脱出と卵詰まり

 

 


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.11.21更新

あ chickセキセイインコの甲状腺腫


あ

元気がないことを主訴に来院した4歳のセキセイインコです。

触れるとそ嚢が腫大してました。(黒矢印)また頭部に嘔吐の跡も診られました。

レントゲン検査で甲状腺領域の肥大が診られました。

ヨード剤、甲状腺ホルモンの投与で1週間後回復しました。

 原因はヨード不足でおきます。セキセイインコ、文鳥の中年以後に多く診られます。
 ヨードの不足がおきると体内では視床下部から甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンが放出されます。そしてその刺激をうけた下垂体前葉から甲状腺に甲状腺刺激ホルモンが分泌されます。断続的に刺激を受けた甲状腺は肥大して甲状腺腫をおこします。そのため甲状腺ホルモンは低下します。

 セキセイインコは甲状腺の肥大により特に食道が圧迫されそ嚢が腫大して受診するケースが多いです。

嘔吐が多い症例では死亡したケースもあり注意が必要です。

甲状腺腫の症状として開口呼吸、空を見上げるような姿勢、鳴き声の変化、チアノーゼ、喀血などが診られることもあります。




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.11.17更新

あ chickオカメインコの卵詰まり


あ
本日から食欲、元気なく、
写真のようにエビのようなポーズをしていることで
1歳のオカメインコが来院しました。
本日の体重は90gです。昨日は85gで1日で5gも重くなりました。
卵が詰まっている所見のひとつです。

あ
このオカメインコは2ケ月で11個の卵を産んでいるそうです。 

あ
オカメインコの腹部の大きさはヒトの爪1本です。
この症例は爪2本あり腹部膨満の診断になります。
触診で指の先に卵もふれらます。

あ
レントゲンで卵1つ確認できました。

以上の所見から卵詰まりと診断しました。

 

あ
用手法を用して、卵を割りながら出しました。
卵をだした後は体重は86gになりました。




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.11.16更新

あ chick文鳥の爪切り出血


 

 あ

(写真1)

文鳥の爪切りをしていたら、深爪で血が止まらなくなったので来院しました。

少しの深爪出血なら15分位で血は止まることが多いです。

しかしこの症例はよく診ると爪ではなく皮膚まで切っています。(写真1,矢印)

 

あ

普段当院で使用しているクイックストップ®で止血しても、再止血をおこしてしまいました。

そのため併せて手術用の止血用品のスポンゼル®を使用してなんとか止まりました。

念のため1日入院して経過も診て抗生剤を処方して退院しました。

爪切りは注意しておこなってください。




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.11.01更新

あ chickオカメインコのバンブルフット


 

 

あ
オカメインコのバンブルフット

バンブルフットは不適切な止まり木、肥満、片側性歩行で足底への負荷が多くなるためおこります。

しかし同様の条件があってもおきない個体もあり、原因は不明な点もあります。

この症例は抗生剤の処方と、止まり木にテーピング用テープを巻くことを薦めました。

また体重も増加しないよう食事の指導もしました。

 




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.09.07更新

あ chick脂質異常症 / 高脂血症剤と肝臓病のオカメインコ 


 

あ
(写真1)

10歳雄のオカメインコが元気なく、居眠り多いがことで来院しました。
体重は丁度100gでした。(写真1)
これまであまり体重を測ったことはないらしいですが、以前からこのくらいの体重があったそうです。


血液・生化学検査、検便、検尿、レントゲン検査を薦め了解が取れたので実施しました。

 血液・生化学検査結果
白血球数    5000位(正常値3000-8000/ul)
PCV          42 (正常値 45-55%)

総蛋白      4.4(正常値 2.5-4.5g/dl)
GOT/AST  >1000 (正常値 150-350IU/l)
総胆汁酸    508 (正常値  15-117umol/l)
ALP     >1225(正常値 62-300IU/l)
尿酸          8.5(正常値 3.5-10mg/dl)
血糖         348(正常値 250-450mg/dl)
コレステロール>450(正常値 130-350mg/dl)
中性脂肪     >500(正常値 50-150mg/dl)

カルシウム     9.8(正常値 8-11.5mg/dl) 
リン          4.3(正常値 3-5.5mg/dl) 
(赤字は異常値)

 

あ
(写真2)

 鳥類ではGOT/AST 、総胆汁酸は肝臓の指標になります。
ALPは肝臓にも含まれますが、他に上皮小体の異常でも上昇が診られることもあります。
GOT/AST 、総胆汁酸が高値をしめしたので肝臓病と診断して、強肝剤を使用しました。

またこのオカメインコの血しょうは白黄色で(写真2)TGは500>mg/dlを示しました。

なお鳥類の血しょうは黄色くて正常です。(写真2)ビリルビンよりビリベジンを多く合成するためで、黄疸はおきないとされています。

 


 

あ

(写真3)
また中性脂肪、コレステロールの上昇は脂質異常症 / 高脂血症剤が疑われ、
リピデッル®(写真3)も追加で経口投与してもらいました。


 

あ

(写真4)
このオカメインコの便と尿です。

以上の処方をして、現在経過観察中ですが血液・生化学検査の結果から予後は厳しいと予想されます。




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.05.20更新

あ chick洗剤を飲みこんだセキセイインコ


 

あ
(写真1)

あ
(写真2)

上記の洗濯石鹸(写真2)を複数突っついて、洗剤まみれになって来院した1歳のセキセイインコです。(写真1)

あ
(写真3)検便

検便でも洗剤の成分が診られ、だいぶ飲み込んでいるみたいです。(写真3)

この症例は洗い流しで、強制給餌など試みて経過をみましたが、時間ごとにわるくなりこの日に亡くなりました。

 




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


 

投稿者: オダガワ動物病院

前へ 前へ

entryの検索