小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.06.30更新

あ
文鳥の尾脂腺腫のレーザー治療


 3才の文鳥の尾脂腺に『できものが発見されました』
細胞診では好中球が主体でした。尾脂腺の膿瘍が疑われます。
日を改めて、レーザーで治療をすることにしました。

レーザーは2人で行えば、無麻酔で可能です。写真はレーザーをしているところです。

レーザーを何カ所か入れて、治療は終了しました。次回は2週間後の来院です。

 
本院の使用レーザー


レーザーができる前までは、外科手術の対称でしたが、現在は尾脂腺の膿瘍なら大きくなければ無麻酔で対応可能になりました。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


 【関連記事】
chick文鳥(学名:Padda oryzivora)の条虫(Taenia)感染
chick白い便のセキセイインコ、膵臓の外分泌不全が疑われたケース
chick打撲とメガバクテリア(マクロラブダス)感染のセキセイインコ
chickハト回虫虫卵と成虫標本
chick小鳥診療に慣れた動物病院で検便をお勧めします。


 

投稿者: オダガワ動物病院

2017.06.21更新

おchick血液が止まり木につく小桜インコ


あ

ここ1ケ月の間に、2回血液が止まり木につくとこで来院した3歳雄の小桜インコです。
検便、尿検査で赤血球は診られませんでした。
また腹部の大きさも普通で、体重は48gで健康状態は良好でした。
そのため総排泄腔付近の筆毛を突いた際に出血したと推測しました。

あ

検便で赤血球は診られませんが、メガバクテリウムが多く診られました。(棍棒状の真菌)
小桜はメガバクテリウムに抵抗性があると考えられているので、今回は無処置としました。
体重減少、元気なくなることがありましたら再来院を指示しました。


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


 【break time】

あflower2 紫陽花(鎌倉、明月院 6月)


 

投稿者: オダガワ動物病院