小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2014.09.01更新

オダガワ
chick文鳥の心臓病・肝臓病


 2-3ヶ月前より具合の悪い♂の文鳥が川崎市宮前区からの来院しました。
呼吸がややあらく、ふくれていて、元気はありません。






嘴の過長が診られ、肝臓疾患が疑われました。


 
レントゲン写真

レントゲンでは心臓、肝臓の肥大が認められ、保温と、心臓薬、強肝剤の投与で経過観察中です。


【関連記事】
文鳥(学名:Padda oryzivora)の条虫(Taenia)感染
白い便のセキセイインコ、膵臓の外分泌不全が疑われたケース
打撲とメガバクテリア(マクロラブダス)感染のセキセイインコ
ハト回虫虫卵と成虫標本
小鳥診療に慣れた動物病院で検便をお勧めします。
当院への道順

最終更新:平成27年9月1日(水)8時34分


 

投稿者: オダガワ動物病院