小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.08.03更新

お

■平成29年度・狂犬病予防接種のお知らせ。
当院では3月から6月中の接種をお勧めします。


本院の特長として、川崎市在住の方は、注射終了後、すぐに下記の『犬鑑札』また『狂犬病注射済の札』の発行が可能です。(例外を除く)


■注射代

  狂犬病予防接種は、国で定められたワクチンです。狂犬病予防法で3ヶ月以上の犬は年1回必ずおこなうことが義務ずけられています。
ワクチンのアレルギー歴や重傷な疾患のある場合は事前にお申し出ください。--------------------------------------------------------------------
●3月-6月 狂犬病予防注射代 3050円(税込み)
 狂犬病予防注射が2回目以後の犬ちゃんは注射代3050円(税込み)と『予防注射済の札』550円(税込み)で合計3500円かかります。

 狂犬病予防注射 初めての犬ちゃん 注射代3050円(税込み)と『予防注射済の札』550円(税込み)、新規登録料、『犬鑑札』(生涯1回のみ)3000円(税込み)で合計6500円かかります。--------------------------------------------------------------------
●7月以後は注射代 狂犬病予防4114円(税込み)
 狂犬病予防注射が2回目以後の犬ちゃんは注射代4114円(税込み)と『予防注射済の札』550円(税込み)で合計4664円かかります。

 狂犬病予防注射 初めての犬ちゃん 注射代4114円(税込み)と『予防注射済の札』550円(税込み)、新規登録料、『犬鑑札』(生涯1回のみ)3000円(税込み)で合計7664円かかります。 --------------------------------------------------------------------
●お願い 
 『予防注射済の札』550円と『犬鑑札』3000円は、川崎市の代行事業のため、カードの支払いはできませんのでご協力をお願いします。

あ 犬鑑札(生涯1回のみ)

AUG
平成29年狂犬病注射済の札(毎年)


■来院時間

 オダガワ動物病院では、狂犬病予防注射は診療時間内ならいつでも可能です。犬ちゅんの健康状態のよいときにご来院ください。

●オダガワ動物病院、診療時間
午前9時ー12時半  午後4時ー7時(日祝は午後6時まで) 木曜休診です。
また急用、学会出席等で診療時間の変更もありますので来院の際は下記の診療カレンダーでご確認下さい。

          calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】

 boarup arrow狂犬病予防注射に戻る


■必ず下記をお読みになりご来院ください。 

pencil1狂犬病予防注射時に持参するもの

●Ⅰ・狂犬病の予防注射がはじめての方はとくにありません。
費用は上記させていただいたように、登録料 550円(税込み)、鑑札代(生涯1回のみ)3000円(税込み)、注射代(季節により変動)がかかります。
--------------------------------------------------------------------

●Ⅱ・note川崎市で狂犬病予防注射が2回目以上の方は下記の書類をご持参ください。

 下記の書類がないと狂犬病予防注射は可能ですが、注射済の札は発行できない場合もありますのでご注意ください。
費用は上記させていただいたように登録料 550円(税込み)と注射代(季節により変動)がかかります。


①狂犬病予防注射で来院される場合は、毎年3月20日ごろに発行される川崎市発行、狂犬病予防注射の書類を必ずお持ち
下さい。      down arrow

あnote狂犬病予防注射書類---------------------------------------------------------------------

 ehe川崎市狂犬病予防注射の書類を紛失した場合
ⅰ、以前、オダガワ動物病院で接種している場合は受付にお訪ね下さい。
ⅱ、また下記の『犬鑑札』・また昨年の『狂犬病予防注射済の札』があれば、狂犬病ワクチンの接種と注射済の札の発行は可能です。

あ 犬鑑札(生涯1回のみ)

AUG
平成29年度狂犬病注射済の札

---------------------------------------------------------------------
 namida川崎市狂犬病予防注射の書類、犬鑑札・また昨年の狂犬病予防注射済の札、すべてを紛失した場合
  
  ⅰ、狂犬病ワクチンの接種はできますが、本院での『注射済の札』の発行はできません。オーナーさんが本院発行の狂犬病ワクチン接種証明書を保健所に持参され、『注射済の札』をうけとる形になります。本院での発行はできません。


camera狂犬病予防注射証明書
 

ⅱ、事情により、役所にいく時間のない方で、『注射済の札』の発行まで希望の方は、多摩保健所に電話で接種確認をしてからの接種なりますので、木・土・日・祝を除く午後4時30分までにご来院ください。(多摩保健所午後5時で終了のため)
 多摩保健所に電話で接種歴の確認かとれれば『注射済の札』の発行は本院で可能です。
 
 bibibi川崎市との取り決めで飼い主さんの記憶のみでは『
注射済の札』の発行はできませんのでご注意ください。

dogup arrow狂犬病予防注射に戻る


explosionその他ご注意
■以下の場合は、
狂犬病予防注射証明書は発行可能ですが、『狂犬病鑑札・注射済の札』は当院では発行できませんのでご注意ください。

①川崎市以外から本院に来院される方は、飼い主さん自身で、各地域の保健所へ「狂犬病予防注射証明書」の提出をお願いします。
②今年川崎市に引っ越してきた方(今年のみ)
③川崎市在住でも、飼い主が変更になった場合
④川崎市からの書類・鑑札・狂犬病注射済の札を紛失して、保健所が開いてない曜日、時間に本院に来院された場合。(飼い主さんの記憶のみでは「注射済の」札はお渡しできません。)
⑤狂犬病鑑札・注射済の札を紛失した場合の再発行(犬鑑札は生涯1回のみ、狂犬病予防注射済は年1回の公布です。)
⑥狂犬病ワクチン投与日と犬鑑札・狂犬病予防注射済の札を別の日に希望する場合
⑦そのほか特殊な例 必要書類の紛失など


camera狂犬病予防注射証明書

②③④⑥のケースは写真のcamera「狂犬病予防注射証明書」を発行しますので、飼い主さんが直接多摩保健所にいかれてください。
また⑤の場合も多摩保健所に直接いかれてください。

●多摩保健所(telephone044-935-3310 土・日・祝を除く午後5時まで)


■狂犬病予防接種・猶予証明について
 これまで狂犬病予防注射でアレルギーのあった犬、重傷な病気に罹患している犬が対称になります。高齢は理由になりません。
 狂犬病予防接種猶予証明書の発行の有無は必ず犬ちゅんをお連れください。
 
飼い主さんの記憶のみでは発行はできません。診療・必要に応じて検査をしてから獣医師が判断します。今年から本院を利用される方は、前動物病院の検査などなるべく多くの資料をご持参ください。

dogup arrow狂犬病予防注射に戻


 【関連記事】
dogright arrow犬の混合ワクチン
bookright arrowマダニによるSFTSウイルスについて
dogtigersnakeright arrow犬・猫・フェレット、フィラリア症
tigerright arrow犬以外の動物へ狂犬病予防注射
dogright arrow犬の狼瘡の巻き爪


 【break time】

あflower2ツルニチニチ草(7月)


 

投稿者: オダガワ動物病院