小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.06.02更新

お dogtigersnake地域によるフィラリア(犬糸状虫)
予防薬の投与時期は


  蚊により媒介されるright arrowフィラリア(犬糸状虫)症の予防薬の投与時期はright arrow神奈川県川崎市多摩区の本院では下記の参考資料から 5-11月の月1回の経口投与を推奨しています。

 しかし同じ多摩区付近でも、蚊が多い場所(池の近くなど)は4月から飲ませたり、また12月でも飲ませている場合もいます。蚊の発生具合とリンクして期間は考えています。 
 フィラリア予防薬は月1回の投薬が基本ですが、right arrow皮下注射で1年間も作用が続くプロハート12®(成分名、モキシデクチン)、また皮膚滴下タイプの使用も可能です。

 right arrow血液と採取してフィラリア陰性を確認してからの投与になります。必ず犬ちやんをお連れください。

か 


dire参考資料

フィラリア(犬糸状虫)の感染期間早見表 
製薬会社が調査した結果です。

犬用ですがright arrowフェレットも参考にできます。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】

snakeright arrowフェレツトのフィラリア予防
tigerright arrow猫のフィラリア症
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あglitter3尾白川、神蛇滝(11月)


 

投稿者: オダガワ動物病院

2018.06.02更新

オダガワbookdog犬のフィラリア予防薬 


か

 日本では現在フィラリア予防剤は剤型を含めてかぞえると25種類ぐらいあります。
引っ越し・転院などで、動物病院が変わると同じ薬剤はなかなか処方できないのが現実ですが、フィラリア予防剤の承諾を得ている薬剤なら、変更になっても心配はいりません。

 予防は川崎市多摩区のright arrow当院では蚊のでる時期に合わせてright arrow5-11月の月1回の投与を推奨しています。
また皮下注射で1年間も作用が続くプロハート12®(成分名、モキシデクチン)も春のみ使用可能です。
 


 bookフィラリア予防薬剤の形態は

①経口薬(チュアブルタイプ)

あ direネクスガード®スプクトラ
 2015年に犬用で販売されました。デレビCMも流れたことがあるのでご存知の方も多いとおもいます。月1回の1錠の飲ませるのみで、フィラリア予防、right arrow犬回right arrow犬鉤虫right arrow犬鞭虫、ノミ、マダニ駆除が可能です。
滴下タイプが苦手な方にはお薦めです。right arrowチュアブルタイプなので嗜好性はよい薬剤で、嘔吐する心配も殆どありません。
----------------------------------------------------------

フィラ

 direイベルメック®(成分名、イベルメクチンとパモ酸ピランテル)
 right arrowチュアブル製剤で月1回の投与になります。嗜好性はよい薬剤です。
効能はフィラリア予防だけでなくright arrow犬回虫right arrow犬鉤虫の駆除も可能です。大変美味しい薬剤で、本院の調査では98%の犬が食べてくれます。
----------------------------------------------------------

hulira4

 direモキシハートダブKS®(成分名、モキシデクチン)
 right arrowチュアブルタイプで嗜好性がよくお薦めです。月1回の投与で効能はフィラリア予防のみです。

----------------------------------------------------------

あ direパノラミス®(成分名、ミルベマシンとスピノシド)
right arrowチュアブルです。月1回、経口投与で、フィラリアの予防、マダニ・ノミの駆除、right arrow犬回虫right arrow犬鉤虫right arrow犬鞭虫駆虫と幅広く使用できます。嘔吐しやすい欠点はあります。



 ①経口薬(錠剤)

フィラ4

 direパナメクチン®(成分名、イベルメクチン)
 
安価で処方できるフィラリアのみ予防可能な薬剤です。月1回の投与になります。

----------------------------------------------------------

フ

 direシステック®(成分名、ミルベマシンとルフェヌロン)
フィラリアの予防、right arrowノミの卵の孵化抑制,right arrow犬回虫right arrow犬鉤虫、right arrow犬鞭虫幅広く使用できます。月1回の経口投与になります。ただしノミには速効性はありません。

 ■備考 フィラリア予防と鞭虫 
 ミルベマイシンをフィラリア予防の2倍量投与すると鞭虫の駆除にもなります。フィラリア予防量と鞭虫駆除量が一番近い薬剤です。
実際あったケースとして庭で飼育している犬が鞭虫症になりました。犬は主に庭にいるので鞭虫の卵が蔓延しており、ときどき鞭虫の駆虫をしないと下痢になる症例でした。そこでミルベマイシンを2倍量投与して、フィラリアと犬鞭虫予防を兼ねておこなったとこる、犬も下痢することもなくなりました。


 ②注射製剤

hulira2

 direプロハート12®(成分名、モキシデクチン)
皮下注射で1年間作用が続くフィラリアのみの予防薬です。使用動物は犬のみのです。


 ③皮膚滴下タイプ

フイら3

あ

  direレボリュウーション®(成分名、セラメクチン)
 
月1回、背中に滴下タイプです。飲む薬ではありません。効能はフィラリアの予防(犬猫)、right arrow卵の孵化にも抑制right arrow成ノミ駆除(犬猫)right arrow耳ダニ駆除(犬猫)、right arrow回虫(猫)と幅広く使用できます。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療
right arrow犬・猫・フェレット、フィラリア症
right arrow地域によるフィラリア(犬糸状虫)予防薬の投与時期は


 

投稿者: オダガワ動物病院