小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2019.01.02更新

あchick小鳥の診療 


 

あ


chick小鳥の来院時の注意点

①必ず鳥の便を持参ください。検便は鳥類ではとくに重要です。

②必ずベットキャリーに入れてご来院ください。また待合室ではペットキャリーを絶対空けないでください。逃走させても本院は責任を負えません。

②小鳥の来院時の注意

あ

 よく水を入れて来院するオーナーをみますが、こぼれて飼育している小鳥がビショ、ビショになって来院します。(写真)よほどの長距離でなければ、水はのぞいて来院することを薦めます。

----------------------------------------------------------------------
■セキセイインコやオカメインコ、小桜インコ、など小鳥はそれぞれかかりやすい病気は多少異なります。
鳥類にはワクチンによる予防はありませんが、バランスの良い食事は大切で、小鳥を飼育したら、日々の体重測定が大切です。
chickright arrow鳥のサプリメント、ネクトンS、ネクトンバイオについて
chickright arrow鳥類の筆毛
chickright arrow穀物鳥 セキセイインコ・オカメインコ・コザクラインコと文鳥の食事について

----------------------------------------------------------------------
■発情・飼育法に注意することで、未然に病気を防ぐことも可能な場合もあります。
chickright arrow鳥の発情関連疾患

----------------------------------------------------------------------
■また必ず検便とそのう検査受けましょう。原虫はじめ、犬猫では存在しない真菌などが感染していることがよくあります。そのため小鳥の診療に慣れた動物病院で行うことをお薦めします。
 
■また最近減少傾向ですが
chickright arrow外部寄生虫①も注意は必要です。
 
■小鳥を飼育したら、放鳥したときは注意が必要です。誤って鳥を踏んでしまって来院するケースが多いです。また料理中に放して踏んだり、オーナーの不注意での来院が多いです。
 
 

 

【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2019.01.02更新

あtiger猫の診療


あ


  ネコの祖先はDNAの分析により、中東、アジア、アフリカに存在していたリビアヤマネコの説が有力です。砂漠で生まれた生き物と言われており、水分摂取量が少ないため尿が濃く、腎臓や泌尿器系の病気にかかりやすい体質を持っています。
約1万年前、現在のトルコ、シリア、イラクのあたりの地域はよく作物が取れました。しかし作物を貯蔵するとネズミが発生します。すると次にネズミを捕食するネコが現れました。ネズミを退治してくれることよりヒトから喜ばれました。
ヒトから食事をもらて生きてゆけますが、ネコは野生でも生きてゆける点が他の動物にない特徴です。ヒトの幼児に危害を与えことも少なく、ヒトの社会に高い順応性を示したため、ヒトに飼育されるようになり、その後世界に広まりました。

 現在、猫はtigerright arrow白血病tigerright arrow猫エイズ、伝染性腹膜炎に罹患していなければ、平均寿命は獣医師が信用する調査機関では13-14歳と言はれています。
 また屋外飼育か、室内飼育か。tigerright arrowネコの年齢で注意する病気は異なります。

 

---------------------------------------------------------------------

■予防
tigerright arrow予防ワクチン 3種混合ワクチン
tigerright arrow予防疾患 ネコのフィラリア症

 

---------------------------------------------------------------------

■幼少期の疾患

tigerright arrowヒルズc/DとロイヤルカナンpHコントロール
tigerright arrow猫、ストロバイト結晶の症例
tigerright arrowトリコモナス感染を疑った仔猫の下痢。
tigerright arrow仔猫の回虫感染
tigerright arrow『猫のカゼ』、FVR感染 
tigerright arrow遺伝子診断で発見された猫ヘルペスウイルス結膜炎
tigerright arrow仔猫の疥癬
tigerright arrow皮膚糸状菌感染の猫(紅斑の皮疹例)
tigerright arrow猫の耳ダニ

bookright arrowマンソン裂頭条虫
bookright arrowノミの生態



■中年ー老年期の疾患
tigerright arrow5歳猫のトリコモナス
tigerright arrowマイコプラズマ性のネコ結膜炎
tigerright arrow猫、高用量フェノバルビタール投与による転院症例
tigerright arrow猫の甲状腺亢進症


 
tiger猫の来院方法 ・待合室で注意する点

 猫は逃げられると捕まらない動物です。必ずペットキャリーに入れて来院してください。
猫を抱いてくる方がいますが、絶対にやめてください。動物病院では猫だけではありません。
ほかにも犬や小鳥・ウサギ、小動物のオ-ナーば待っている場合や来院する場合もあります。

ね
家庭にペットキャリーがない場合は洗濯ネットを使用します。

ね
洗濯ネットを使用した来院例

 


 

【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 

 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2019.01.02更新

あmouseハムスターの診療


あ
ハムスターは犬猫のような予防ワクチンはありません。
しかし飼育の仕方を誤ると病気になりやすいため注意が必要です。
おかしいなと思ったら早めに診療にいらしてください。
検便、フードや環境に気をつけてあげることが重要です。

 


 購入時はハムスターを診療可能な動物病院でmouseright arrow原虫、寄生虫の有無(検便)調べてみることが大切です。
その際、獣医師から飼育法、体重測定の方法を聞いておくことも重要です。
 ハムスターは草食性と雑食性の中間の動物です。mouseright arrowハムスターの専門食に加えて、野菜、肉、にぼしなどをバランス良くあげることも大切です。食事の組成で蛋白質16%以下ですと皮膚病が起きることもあります。またヒマワリは脂肪分が高いので注意が必要です。食事内容を気をつけて、健康状態を保ちましょう。
 また檻ケージで飼育すると、上に登り落下して骨折など外傷をおこす場合があります。ハムスターの性格に合わせたケージの選択は重要です。
 寿命はmouseright arrowジャンガリアンハムスターmouseright arrowゴールデンハムスター(ペットショップ名、キンクマハムスター)ともに2歳位です。
 
 mouseright arrow下記にハムスターでよく診る病気を紹介します。
---------------------------------------------------------------------

■日本にはハムスターの専用薬はなく、ヒト用、犬猫用で安全に使用できる薬剤を使用しています。
しかし抗生剤、またツメダニなどに使用するノミ、ダニ剤は種類を間違うと死亡する薬剤もあり注意が必要です。
なお使用薬剤は獣医師により多少異なりますので、使用の際は、掛り付け獣医師によくお尋ねください。
以下、本稿では当院の見解を述べます。
mouseright arrowエキゾチックに安全に使用できるノミ、ダニ製剤 
mouseright arrow使用してはいけない抗生剤

  

【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2019.01.02更新

あdog犬の診療


あ
dogマダニの感染の犬


■仔犬ちゃんが家庭にきたら下記の点を確認いただくようお願いしています。
dogright arrow狂犬病予防ワクチン 
dogright arrow混合ワクチン(5種型・8種型など)

dogright arrow犬のフィラリアとは ・right arrowフィラリアの予防薬
dogright arrow内部寄生虫 ・right arrow外部寄生虫① ・right arrow外部寄生虫②の確認
dogright arrowマダニによるSFTSウイルスについて
dogright arrow犬の避妊手術(雌)
dogright arrow犬の去勢手術(雄)

dog歯科
 プードル系、チワワなど小型犬は欠歯・乳歯の遺残が多い犬です。これらの犬は6ヶ月で歯はすべて入れ替わります。

 歯石はバイ菌の塊です。糞と同じようなバイ菌を含んでいるとされており、人・犬ではこの歯石から心臓病などが発生したケースが証明されています。
また犬に舐められた場合、公衆衛生上、オーナーもよくありません。

 日頃の歯磨きや、必要に応じて歯石をとることをお勧めします。

dog耳掃除
 耳は綿棒は不用に使用しないことが大切です。痒がったり、汚いときは動物病院を受診してください。
 
dog食糞
 食糞の原因はよくわかっていません。未知のミネラルが不足するので、おきるのではと推察されています。
本院ではアルギチャンプ®を処方してます。アルギチャンプはノルウェー産海藻サプリメントです。海藻に砂漠の植物ユッカを配合した顆粒状の製品です。
 食糞をする犬にはお薦めです。海草が主成分なので、安心して使用できます。便の臭いがかわるらしく、食糞には経験的によく効きます。



dogright arrow【犬の診療、続きを読む】

 


 

【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療

 


 

 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2019.01.02更新

 あ
rabbitウサギの診療


あ
写真・ウサギの門歯の過長


 

rabbitright arrowウサギの雌雄鑑別

----------------------------------------------------------------------

rabbit注意、薬剤
 日本にはウサギの専用薬はなく、ヒト用、犬猫用でウサギに安全に使用できる薬剤を使用しています。
ウサギ、モルモット、ハムスターの薬剤特性として、①抗生剤、②ノミ、ダニ製剤は種類を間違うと死亡する薬剤もあり注意が必要です。
なお使用薬剤は動物病院により多少異なりますので、使用の際は、掛り付け獣医師によくお尋ねください。
以下、本稿では当院の見解を述べます。

rabbitright arrowウサギ・モルモット・ハムスターと抗生剤
rabbitright arrowウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 

----------------------------------------------------------------------

rabbitウサギと内部寄生虫

あ写真・ウサギのコクシジウム

rabbitright arrowウサギのコクシジウム
rabbitright arrow仔ウサギの下痢
rabbitright arrowウサギの蟯虫について(Passalurus ambiguus)

----------------------------------------------------------------------

dire幼少期より、ときどき梅毒の症例を診ます。

rabbitright arrowウサギの梅毒疑い

 ----------------------------------------------------------------------

ウサギは犬猫のようなワクチンで予防する疾患はありませんが特徴を考えて飼育をしないと病気の発見が手遅れになるとこがあります。

direウサギは食欲不振時、強制給餌が重要です。

rabbitright arrowウサギ・モルモット・ハムスターの強制給餌について
----------------------------------------------------------------------

rabbit吐くことができない。(例外を除く)
 まず、身体の構造的に吐くということができないため、rabbitright arrow急性毛球症になると短時間で悪化してしまいます。具合が悪くなり体温がすぐに下がります
ふだんウサギは38-39度が平熱ですが、この場合35.0度ぐらいに下がります。オーナーの方もウサギが冷たくなって動かいいことを主訴に来院するケースを診ます。急性と表しているように予期なく突然おきます。気づいたらできるだけ早くウサギを診療できる動物病院に連れていってあげてください。

 また、ウサギは全く食べないとわずか1日で脂肪肝になり、2~3日でいつ死亡しても不思議ではありません。例外を除きrabbitright arrow強制給餌の有無が生死を分けるといっても過言ではありません。rabbitright arrow強制給餌について当院ではくわしくご指導していますので、来院の際に声をかけてください。

----------------------------------------------------------------------

rabbit皮膚関係
direウサギの脱毛は独特です。
rabbitright arrowウサギのアイランドスキン

dire仔ウサギの皮膚病、皮膚糸状菌症(所謂、水虫)
rabbitright arrowウサギの皮膚糸状菌症

direウサギの全身ジャンプー、容態が急変した症例を3例経験しているので私は禁忌と考えています。
rabbitright arrowウサギにシャンプーしたところ容態が急変した症例

direお尻に糞をつけて生活しているウサギも診ますので注意が必要です。(写真、下)

あrabbitright arrowウサギの便が肛門、足底に付着、蛆がわくこともあります。

----------------------------------------------------------------------

rabbitウサギの尿は

あrabbitright arrowウサギの赤い尿

rabbitright arrowウサギの尿について

----------------------------------------------------------------------

rabbitナイーブな動物です。
 ご来院いただく際には、ペットキャリーに牧草を牽いてウサギを入れてください。上記したようにウサギは身体の構造的に吐くという行為ができません。そのためペットキャリーにタオルや、ペットシーツ、新聞紙を入れると誤飲して胃腸障害をおこしますのでやめてください。

  また「おとなしいから」と抱っこでご来院されると、見知らぬ場所や他の動物の気配でパニックになり取り返しのつかない結果を招くこともあります。必ずキャリーに入れて、しっかり入口を閉じてあげてください。そして診療室のなかでキャリーからだしてあでてください。
下記に当院で実際にあった事故症例を紹介します。
rabbitright arrow家族の方が冗談でうさぎを威かしたら、小屋の中で暴れて、鼻血がでたケース。 
rabbitright arrow家の電気コードを噛んで感電したウサギのケース
rabbitright arrow③ハーネスをつけて散歩中には外れて、壁に当たって来院したウサギ。
rabbitright arrow友人に預けたら抱っこして脊髄骨折したウサギ


rabbitright arrow
【ウサギの診療 続きを読む】


 


 

【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 
【break time】

あ
flowerウサギぎく(7月、月山)
花びらの形がウサギの耳に似ていることからつけられたそうです。


 

 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2019.01.02更新

あboarモルモットの診療


あ

モルモットは犬猫のような予防ワクチンはありません。
しかし飼育の仕方を誤ると病気になりやすいため注意が必要です。
おかしいなと思ったら早めに診療にいらしてください。



boarモルモットの基本事項 飼育したらぜひ確認して下さい。
boarright arrow雌雄を確認
boarright arrowモルモットの発情について
boarright arrowモルモットの去勢手術(雄)

boarright arrowモルモットのペットホテル
---------------------------------------------------------------------

boarモルモットと薬剤、疥癬、ハジラミ
 日本にはモルモットの専用薬はなく、ヒト用、犬猫用で安全に使用できる薬剤を使用しています。
しかし①抗生剤、また②疥癬、ハジラミに使用するノミ、ダニ製剤は種類を間違うと死亡する薬剤もあり注意が必要です。
なお使用薬剤は動物病院により多少異なりますので、使用の際は、掛り付け獣医師によくお尋ねください。
以下、本稿では当院の見解を述べます。
boarright arrowモルモットの疥癬
boarright arrowモルモットのハジラミ
boarright arrowエキゾチックに安全に使用できるノミ、ダニ製剤 
boarright arrow使用してはいけない抗生剤

boarup arrowモルモットの診療に戻る

---------------------------------------------------------------------

boarモルモットはヒト同様、ビタミンCを合成できません。

 
モルモット専用フードに牧草を適量与えていれば、ビタミンCは入っており野菜が苦手なモルモットに無理に野菜をあげる必要はないと当院では考えています。食事成分は基本的にウサギと同じですが、ビタミンCの有無が異なります。特に食欲不振の場合注意が必要です。
  また、モルモットは嘔吐がほとんどできませんので、boarright arrow急性胃腸障害(胃の食滞)は生死に関わる可能性があります。食べ過ぎに注意し、適量を与えるようにしてください。

---------------------------------------------------------------------

boarモルモットの体表のできもの

 
体表の腫瘍を3歳ごろからよく診ます。
boarright arrowモルモットの毛包上皮腫
boarright arrowモルモットの乳腺腫瘍

boarup arrowモルモットの診療に戻る

 

 

【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 
  

 

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院