小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2019.05.21更新

あ rabbitウサギの毛芽腫


 
ame
(写真1)
4歳雌のウサギの腹部に腫瘍が診られました。

この症例はオーナーとよく話して手術を行うことになりました。
血液・生化学検査、胸部レントゲンをおこない異常のないことを確認しました。

 
ame
(写真2)
手術前に毛を刈るとこのような様子です。

ame
(写真3)
イソフルレン麻酔で切除した腫瘍。

---------------------------------------------------------------------

 ■病理診断 毛芽腫(別名、基底膜細胞腫)

 毛芽腫は表皮に存在する毛芽細胞が腫瘍性に増殖する皮膚腫瘍でウサギで多く発生します。
限局的に増殖するため、浸潤性増殖は認められないことが殆どです。
取り残しや、腫瘍が大きい場合、悪性毛芽腫も希にあり再発を繰り返します。

本症例はマージンも確保され、再発、転移の心配のない、良性の毛芽腫と診断されました。

 このウサギはその後も順調に回復しています。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 
【break time】
ame
flower2千鳥ヶ淵、夜桜

 

 

 

 

 
 
 

 

投稿者: オダガワ動物病院

新着情報

一覧へ >
2019/09/01
■ ペツトホテルのご案内
2019/09/01
■川崎市多摩区付近の夜間診療施設
2019/09/01NEW
■9月診療時間のご案内
2019/07/01
特発性てんかん、認知機能不全症の療法食、ニューロケアー®が販売されました。
2019/07/01NEW
▶猫の去勢・避妊手術に ①川崎市、②川崎市獣医師会 2団体の補助が可能です。
犬の診療カルテ 猫の診療カルテ 小鳥の診療カルテ ウサギの診療カルテ ハムスターの診療カルテ フェレットの診療カルテ モルモットの診療カルテ