小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2020.07.22更新

あ boarモルモットの外傷性角膜潰瘍が疑われた症例


あ(写真1)

 モルモットは外傷による角膜疾患は多いと考えられています。特徴として角膜の感度が弱いため、角膜潰瘍がおきても、羞明のような症状が診られることが少なく、オーナーが来院するころには重症化しているケースが多いとされています。

 この症例も3日前から急に右目が『白くなったこと』で来院しました。(写真1)
シルマーテアーテストは15mm/分でした。
(モルモットのシルマーテアーテスト正常値5-10mm/分)

あ(写真2)
『白いもの』を顕微鏡で診ると、変性好中球と上皮細胞が診られました。(写真2)

あ(写真3)
生食で目を洗浄したところ、角膜に白い沈着物が診られました。(写真3)

あ(写真4)
フルオル試験をすると陽性になり角膜潰瘍と診断しました。(写真4)

そこで防腐剤なし抗生剤、ヒアルロン酸点眼を2週間行いました。 


 

あ(写真5)
2週間後の来院(写真5)

あ(写真6)
フルオル試験をしましたが陰性(写真6)で角膜潰瘍はよくなっていました。

この症例はよくなりましたが、すべてよくなるわけではありません。
主治医とよく相談して治療をおこなってください。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2020.07.21更新

あ tiger子猫の角膜潰瘍


あ
4ケ月の子猫の左目が急に小さくなりました。

あ
左目を拡大するとこんな様子です。
  

あ 

眼検査
メナス反射  正常
ダズル反応  正常 
フルオルテスト 陽性
眼瞼の細胞診 正常

写真の緑に染まった部位がフルオルテスト陽性になり、
角膜に傷があることを示す角膜潰瘍をおこしています。

以上より角膜潰瘍と診断でき、抗生剤のクロマイ点眼、
角膜潰瘍治療剤ヒアレイン点眼を処方しました。

角膜潰瘍は他にネコと遊んだり、またぶつかったりしておきます。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院