小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2021.12.21更新

 

あ

セカンドオピニオンで訪れた1.5歳のモルモットです。
眼を時計にたとえると、9時のあたりに白いものが診られます。

当院の眼科検査はダズルh反応 正常、STT-1 3mm、フルオル検査 陰性、IPO4mmHg、細胞診 上皮のみ、炎症細胞なしで
スリットランプでよく診ると虹彩に膿疱のようなものが診られました。

ウサギのエンセファリトゾーンの眼で同様な所見が診られることがあります。
モルモットにもエンセファリトゾーンの感染報告はあることから、エンセファリトゾーンによる虹彩に膿疱の疑いと診断しました。

その後事情により前院で治療を継続していると聞いているため予後は不明です。

 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索