小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2021.12.22更新

あ chick脂肪肝症候群が疑われた小桜インコ


 

あ

あ

最近、元気がないことで来院しました。

最初は黄緑が主体の小桜インコでしたが、数カ月前より写真のように赤い毛が多くみられるようになってきました。

 

 




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.12.21更新

 

あ

セカンドオピニオンで訪れた1.5歳のモルモットです。
眼を時計にたとえると、9時のあたりに白いものが診られます。

当院の眼科検査はダズルh反応 正常、STT-1 3mm、フルオル検査 陰性、IPO4mmHg、細胞診 上皮のみ、炎症細胞なしで
スリットランプでよく診ると虹彩に膿疱のようなものが診られました。

ウサギのエンセファリトゾーンの眼で同様な所見が診られることがあります。
モルモットにもエンセファリトゾーンの感染報告はあることから、エンセファリトゾーンによる虹彩に膿疱の疑いと診断しました。

その後事情により前院で治療を継続していると聞いているため予後は不明です。

 

投稿者: オダガワ動物病院

2021.12.10更新

あ dog芽胞菌によるポメラニアンの下痢


 

あ

3歳の雄のイヌ(ポメラニアン)が下痢を主訴に来院しました。

5日前ペットを預けてから下痢をおこしているそうです。

下痢の数は1日に5-10回もあるそうで、1回の便の量は少なく、しぶりも診られるそうです。

検便は直接法では虫卵は陰性でした。簡易染色すると虫ピンようなの芽胞菌(黒矢印)が多く診られました。

この所見から菌名まで断定はできませんが、クロストリジウム(Clostridium)の感染が推察されます。

この菌は常在菌ですがストレスで増加します。過去にも長期間伊勢、志摩を旅行してきたイヌや。箱根の坂道で車酔いしたイヌにもみられたことがありました。

治療はメトロニダゾール( metronidazole)の投与が有効ですが、薬剤が苦いことが欠点です。

 


  

   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

2021.12.10更新

あ chick癒着の激しい卵管、卵脱


 

あ
(写真1)朝、動物病院を開けたら、12時間前より卵がお尻についていることで3歳のセキセイインコが来院しました。

あ
(写真2)外側卵殻の部分を割りました。卵の成分は外に出ましたが内側卵殻が卵管に癒着しています。
なかなか剝がれません。

あ
(写真3)ヒトの眼科手術用のピンセットで癒着していた卵殻を剝がしました。

 

あ
(写真4)最後、総排泄腔に押し込みました。

あ
(写真5)割ってなんとか摘出した卵

卵がお尻についているときは卵管に卵が癒着している場合が殆どです。
卵が卵管に癒着している時間が長いと、摘出しても食欲が回復しないで死亡することもあります。
今回はオーナーが気が付いて12時間位の来院がやっとでした。
残念ながら翌日死亡してしまいますた。

 




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索