小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2021.09.07更新

あ chick脂質異常症 / 高脂血症剤と肝臓病のオカメインコ 


 

あ
(写真1)

10歳雄のオカメインコが元気なく、居眠り多いがことで来院しました。
体重は丁度100gでした。(写真1)
これまであまり体重を測ったことはないらしいですが、以前からこのくらいの体重があったそうです。


血液・生化学検査、検便、検尿、レントゲン検査を薦め了解が取れたので実施しました。

 血液・生化学検査結果
白血球数    5000位(正常値3000-8000/ul)
PCV          42 (正常値 45-55%)

総蛋白      4.4(正常値 2.5-4.5g/dl)
GOT/AST  >1000 (正常値 150-350IU/l)
総胆汁酸    508 (正常値  15-117umol/l)
ALP     >1225(正常値 62-300IU/l)
尿酸          8.5(正常値 3.5-10mg/dl)
血糖         348(正常値 250-450mg/dl)
コレステロール>450(正常値 130-350mg/dl)
中性脂肪     >500(正常値 50-150mg/dl)

カルシウム     9.8(正常値 8-11.5mg/dl) 
リン          4.3(正常値 3-5.5mg/dl) 
(赤字は異常値)

 

あ
(写真2)

 鳥類ではGOT/AST 、総胆汁酸は肝臓の指標になります。
ALPは肝臓にも含まれますが、他に上皮小体の異常でも上昇が診られることもあります。
GOT/AST 、総胆汁酸が高値をしめしたので肝臓病と診断して、強肝剤を使用しました。

またこのオカメインコの血しょうは白黄色で(写真2)TGは500>mg/dlを示しました。

なお鳥類の血しょうは黄色くて正常です。(写真2)ビリルビンよりビリベジンを多く合成するためで、黄疸はおきないとされています。

 


 

あ

(写真3)
また中性脂肪、コレステロールの上昇は脂質異常症 / 高脂血症剤が疑われ、
リピデッル®(写真3)も追加で経口投与してもらいました。


 

あ

(写真4)
このオカメインコの便と尿です。

以上の処方をして、現在経過観察中です。




   calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、登戸駅からの道順】


投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索