小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2020.02.22更新

あ chickセキセイインコの卵管脱出と卵詰まり


 

あ
卵がぶら下がっていることで、来院した4才のセキセイインコです。
卵管が反転して、卵が卵管に癒着しています。

あ
卵に穴を空け、内圧を低下させて、癒着を剥がして卵を摘出しました。

あ
卵を摘出後、卵菅が脱出状態になっていたため、総排泄腔内に収めて1糸縫合しました。

食欲がなくなったり、卵菅の再脱出がおきたり、卵を産む動作が診られたら、早く来院することを伝え治療を終了しました。


■4日後の来院

あ

その後、元気を回復しました。
縫合した糸はとれていました。
卵を2つ産んだそうですが再脱出はありませんでした。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索