小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2020.02.12更新

あ chick卵が卵管に癒着した卵詰まり、用手法ではだせないケース


 あ

 5才の小桜インコです。約1週間前から、卵が腹部にあることがオーナーもわかっていましたが元気、食欲があるため来院が遅れました。
詰まった卵が他の臓器を圧迫しないと、元気、食欲はおちません。

 レントゲンを撮ると、やや軟卵の卵が1つありました。
用手法で卵管を押しましたが、卵が卵管に癒着したらしく全く動きませんでした。
卵がつまって時間がたつと、用手法では厳しいです。

この症例は開腹して卵をだすことを薦めましたが、その後来院はなく予後は不明です。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

pad<img class="icon_imgs" title="right arrow"

 

 


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索