小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2019.09.02更新

あ tigerネコ上部呼吸器疾患検査


ネコ上部呼吸器疾患検査をする意義を説明します。

ヒトに例えれば、私たちも風邪のような症状で病院を訪れることがあります。
そこで症状だけでは区別がつかないため、インフルエンザの検査をするケースがあります。
普通のカゼなのか(治療は抗炎症剤、抗生剤など使用)、インフルエンザ(治療はダミフルなど使用)なのかで使用する薬剤も異なります。

 ネコのカゼの症状も同様でいつくかの原因があり、ネコ上部呼吸器疾患検査はそれら診断する検査です。

1 

ある

幼少期の『ネコ風邪』 問診、視診よりヘルペスウイルスの関与が考えられます。

 

 


 AHCC
(写真1)
 
ネコ上部呼吸器疾患パネルは綿棒を結膜に接触させ、それを検査センターに送ることで可能です。
検査はネコに殆ど負担はかかりません。写真1はネコ上部呼吸器疾患パネルが異常値がでない例です。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


  

 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索