小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.09.08更新

あ■猫・表在性角膜潰瘍



アジサイ
朝より左眼を痛がることで、来院しました。

アジサイ
STT-1 30mm/sec、
フルオル試験 陽性
向かって右、緑に染まっている部位がフルオル試験陽性部位です。

角膜に傷があることを証明しています。
細胞診、結膜、角膜潰瘍部位 ともに上皮細胞のみ

以上の所見から、タリビット®点眼、ヒアレイン®点眼を
処方しました。

a
3日後よくなりました。

この猫は遺伝子検査でヘルペス陽性で、
季節の変わり目になると、自分で眼をこすって角膜潰瘍になってしまい困っています。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 

【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 

【break time】
a

 flower25月、雲取山

 

 

 

投稿者: オダガワ動物病院