小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.06.19更新

おdog犬の熱中症camera


 熱中症とは、体が熱くなることで起こる不調の総称で、熱けいれん・熱射病などをまとめた呼び方です。川崎では、昨日までは4月の気温でしたが、本日(6月4日)は急に温度が上昇をし30度をこえました。最近涼しかったこともあり、大丈夫と思い、車の中に2時間、犬2匹を入れていまいました。

2時間たって、かえってきたらぐったりしていて、びっくりしてオーナーは冷水をかけて処置しました。1匹は回復しましたが、1匹は回復しないで、意識障害、運動障害を呈して、当院に来院しました。

来院時

来院時の午後4時半には、事件がおきて2時間たっている関係で、体温は38.1度でしたが、横になったままで、意識はありませんでした。脈拍は徐脈を呈して、触診で血圧も低下していました。酸素吸入、点滴、抗生剤、ステロイドの注射をおこないました。

 
体のあちこちに点状出血がみられてDIC症状を呈していました。

 血液凝固検査  
 PT  13.0sec     10-13
 APTT  11.6sec     18-25
 Fib  24        200-400
 AT3  114%      75-125
 FDP  34.8μg/ml    10.0未満

 

 血液ガス 静脈  
 pH  7.279
 HCO3  13.3mmol/l    18-25
 BE  -11.6        -5~5
   
   








 
 
 
 

 
体温は2時間後36.6まで落ち込みましたが、その後やっともどりかめました。体温は午後7時に36.7 午後8時37.0には意識も回復して、ヨタヨタしながら、たてるようになりました。翌日 体温 37.7度に回復。引き続き 点滴、抗生剤投与。食欲もでてきました。翌々日には体温も38.5に回復して退院しました。

  

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 

【break time】
あ

 flower2千鳥ヶ淵(4月)

 

 

 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索