小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.05.03更新

あ
tigerクリプトスポラジウム感染で下痢の仔猫

  症例は保護施設からきた日本猫(約4ケ月)雌です。軟便が3週間続き来院しました。

あ

 直接の検便では虫卵などは検出されませんでした。そこでIDEXX RealPCR™ 検査(猫の下痢パネル)を追加しました。結果まで約1週間かかるため、検便で検出しずらいトリコモナスを考えチニダゾールを処方しました。

 1週間後、IDEXX RealPCR™ 検査(猫の下痢パネル)でクリプトスポラジウム(Cryptosporidium )が発見されました。

あIDEXX RealPCR™ 検査(猫の下痢パネル)の結果

 クリプトスポラジウムはウシ、ブタ、イヌ、ネコ、ネズミなどの腸管に寄生する胞子虫類の原虫です
1976年にヒトでの感染も報告されている人獣共通感染症です。

 特異的に効果ある駆虫剤はありませんが、軽度なら2-3週間で自然治癒することもあります。この症例は偶然チニダゾールが効果的に働き、1週間で下痢は良くなりました。念のためもう1週間チニダゾールを処方しました。

 生活環はオーシスト(大きさ4~6μm)の経口摂取でおきます、経口摂取後、小腸の細胞に寄生して無性増殖します。のちに有性増殖して作られたオーシストが糞便とともに体外に排出され環境中の感染源となります。
水に強く水道水などに混入した場合 オーシストは長く生存します。塩素に対して極めても強い耐性がありますが、熱や乾燥に弱いことが特徴です。

 この症例は治療と平衡してネコが使用しているトイレ、器具などで、可能なものは日光、熱湯消毒してもらいました。その後IDEXX RealPCR™ 検査(猫の下痢パネル)の再検査はしてませんが、初診より1ケ月経った現在、便も良好でネコも元気でいます。オーナーも異常ありません。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


 

【猫の寄生虫】
tigerright arrowネコ、瓜実条虫(Dipylidium caninum)

 tigerright arrow猫の耳ダニ症

tigerright arrowネコのマンソン裂頭条虫感染、セカンドオピニオン症例


 


dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あ flower2河津桜(三浦海岸、3月)


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索