小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.05.02更新

お

tiger5歳猫のトリコモナス



 

あ簡易染色で同定されたトリコモナス

 

5歳のネコが2週間前より、1日3-4回位頻度で、水溶性下痢がとまらず。来院しました。
直接便でトリコモナスが診られました。

トリコモナスはこれまで6ケ月令位のネコではよくみたころがあります。教科書では2歳位になると、免疫力ができて自然治癒するケースの多い寄生虫です。

5歳では初めて見ました。他院で3ケ月令でおこなった猫白血病、エイズ検査は陰性だったそうです。このオーナーはもう1匹、猫は飼っていますが異常はありません。

 

今日から、抗トコリコモナスの薬剤を処方しました。1週間後、便は正常に戻ったと電話連絡のみありました。

まだ油断はできませんがとりあえず治ってよかったです。トリコモナスは寄生虫の中で原虫に属します。

定番の抗原虫剤が効果を示さないことが多いいやな原虫です。

この猫は、その後食事アレルギーが発見され、現在ロイヤルカナン低分子プロテイン食で
良好な状態で過ごしています。


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

あflower2シャクナゲ(月山にて、7月)


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索