小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.04.03更新

あ
ウサギの前房蓄膿 
-------------------------------------------------------

 地元川崎市多摩区からの来院です。
 ウサギの前房蓄膿は目の前房部分に膿瘍を形成する疾患です。
重傷な角膜炎や前ブドウ膜炎に伴い、血液房水関門の破壊にり、好中球が前房に遊走した状態をさします。
  -------------------------------------------------------

ウサギの前房蓄膿の原因 
  原因としてpasterella multocidなどの血行性細菌感染が報告されているますが、臨床的には原因の確定は難しいことが現状です。

ウサギの前房蓄膿の治療 
 抗生剤と抗炎症剤の点眼の併用で3ヶ月以内に90%はよくなります。
 しかし再発率も高く点眼薬をやめると70%は再発します。
 
 著者の動物病院ではよくなったところで、点眼回数を減らして、必要時に眼科検査に来てもらい維持している症例が多いです。しかし生涯点眼液が必要なケースが多いです。

 本症例も点眼で3ヶ月で一端はよくなりましたが、点眼をやめたところ再発したケースです。
                                              



ウサギの雌雄鑑別法
ウサギ・モルモット・ハムスターの強制給餌について
ウサギの便が肛門、足底に付着、蛆がわくこともあります。
うさぎの門歯(前歯) 
ウサギの眼 
ウサギの去勢手術
ウサギの避妊手術
ウサギのエンセファリトゾーン


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス、駐車場】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


【break time】

 
flower2

 

 


投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索