小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.04.19更新

あrabbit驚かしたら、あばれて鼻血・眼瞼炎で来院したうさぎ



あ

5歳のヒマラヤン種・雄のうさぎが神奈川県川崎市多摩区菅北浦より来院しました。
 夜中、いつもかわいかっている方が所用でいられなかったので、家族の方に世話をたのんだそうです。

 冗談でうさぎを威かしたら、小屋の中で暴れて、鼻血がでて大変なことになってしまったそうです。

 朝9時の来院時、血はとまってました。抗生剤・非ステロイドを5日分処方しました。
 また来院時は眼から涙を多くありました。眼検査ではSTT-1の延長が診られフルオル試験が陰性なので、サンテゾーンの点眼も処方しました。

 その後3日後、電話がはいりましたが、鼻も眼もなおり良好とのとこです。

 うさぎはナイーブな動物なので、飼育されている方は十分に注意してあげてください。


【関連記事】
仔ウサギの下痢
電気コードを齧って感電したウサギ 
ウサギの爪の出血
ウサギにシャンプーをしたところ容態が急変した症例について
皮膚クルーム製剤使用で悪化したウサギの皮膚病


 

投稿者: オダガワ動物病院

新着情報

一覧へ >
2019/07/17NEW
■7、8月、診療時間のご案内
2019/07/01
特発性てんかん、認知機能不全症の療法食、ニューロケアー®が販売されました。
2019/07/01NEW
▶猫の去勢・避妊手術に ①川崎市、②川崎市獣医師会 2団体の補助が可能です。
2019/07/01
■夏休み ペツトホテルのご案内
2019/04/01
▶春はフェレットのフィラリア予防のシーズンです。
犬の診療カルテ 猫の診療カルテ 小鳥の診療カルテ ウサギの診療カルテ ハムスターの診療カルテ フェレットの診療カルテ モルモットの診療カルテ