小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.03.03更新

あchick鳥類の外部寄生虫の主な症例を解説します
 鳥類の外部寄生虫は、本院では疥癬、ダニ、シラミが診られます。


 chickセキセイインコの疥癬 Scabies 
 疥癬は幼弱なセキセイインコで診られます。
 疥癬は無毛部分(嘴、脚など)がでこぼこになって激しい痒みを伴って来院します。
 
 角質層内にトンネルを掘り、毎日数個ずつ卵を産み続け、4~6週生き続けます。
 疥癬は早ければ治りますが、全身状態の悪い個体は死亡することもあります。

疥癬は同居のセキセイインコとは接触感染することが多く、同じ籠で飼育されている場合はすべて駆虫したほうがよいです。

a
a5歳のセキセイインコで、オーナーが当院のブログを診て、
疥癬を疑い川崎区より来院しました。

a皮膚の掻爬検査で、疥癬が診られました。(真ん中のまるいものが疥癬の成虫)

 なおこのchickright arrow重傷例セキセイインコは、併発疾患がなければ、週1回合計6回の通院と飼育環境の改善で完治はします。このような重傷例でなければ、3-4回の通院で治療可能です。

chickup arrow鳥の診療に戻る

---------------------------------------------------------------------

 chickハジラミ  
a

 シラミ・ダニの感染は、翼に、「ゴミとおもはれるものが動いく」ことを異常に感じて来院されるケースが多いです。
 セロハンテープで羽毛より採取し発見されます。以前はハシラミは小桜・オカメインコなどを屋外で飼育している場合に診られまが、最近は殆ど診ません。ハシラミ用の粉の2回塗布と環境を変えることで、殆ど治ります。

chickup arrow鳥の診療に戻る


 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

traincarright arrow【当院への交通アクセス】

padright arrow【最寄駅、向ヶ丘遊園駅北口からの道順】


【関連記事】
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 【break time】

あ

flower2イワキキョウ(乗鞍、畳平、8月)


 

投稿者: オダガワ動物病院