小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2018.02.19更新

あ

mouseハムスターの組成は



 脂肪5%以上・線維12%以上・蛋白16%以上、乾燥重量で(成長期・繁殖期は24%)蛋白16%以下だと皮膚病がおきます。
 
 尚重要なのは乾燥重量なので例えば蛋白20%で水分50%の表示だと、乾燥重量は半分で蛋白10%になりますので購入時は注意して下さい。
 
 ハムスターは雑食性ですので何でも食べますが、好き嫌いもはっきりしています。エサは一日一回、夕方ごろあげます。

■ハムスターの食事 
 ハムスターは雑食性ですが草食に近い食性です。
ウサギとヒトの間と表する方もいます。
ハムスターは野性では1日2~3キロ歩き餌を求めています。行動をしたからと言って必ず食事にありつける訳ではありません。
そのため多くのの餌にありつけたとき、ハムスターは頬袋や巣に餌をため込む傾向があります。
 雑食動物は野菜、植物性の肉、にぼしなどをバランス良く食べることが重要ですが動物性蛋白は多くとる必要はありません。

 基本的にハムスターは植物性の食品を中心に2日1回の動物性蛋白をあげれは良いと考えています。





投稿者: オダガワ動物病院

新着情報

一覧へ >
2019/07/17NEW
■7、8月、診療時間のご案内
2019/07/01
特発性てんかん、認知機能不全症の療法食、ニューロケアー®が販売されました。
2019/07/01NEW
▶猫の去勢・避妊手術に ①川崎市、②川崎市獣医師会 2団体の補助が可能です。
2019/07/01
■夏休み ペツトホテルのご案内
2019/04/01
▶春はフェレットのフィラリア予防のシーズンです。
犬の診療カルテ 猫の診療カルテ 小鳥の診療カルテ ウサギの診療カルテ ハムスターの診療カルテ フェレットの診療カルテ モルモットの診療カルテ