小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.10.31更新

 
あ
■ダニの種類(2)
dire『mite』について
 
『mite』について本院で経験した疾患、また知っとくと便利と判断した種類を記載しました。
分類法はいろいろありますが、今回は下記の方法で行いました。
 
dire無気門亜目
 
 ヒゼンダニ科、チリダニ科、コナダニ科など60科があります。気門がなく(気門はヒトで言う気管)呼吸は皮膚を通じて行なっています。
 
 皮膚角質層に感染する疥癬症として、動物ではdogright arrowイヌヒゼンダニSarcoptes scabiei var. canis)、tigerright arrowネコヒゼンダNotoedres cati)、などが、ヒトでは老人ホームなどで感染が問題になるヒトヒゼンダニ(Sarcoptes scabiei var.hominis)があります。
 他に、外耳道の表面に感染するdogtigerright arrowイヌ(ネコ)ミミヒゼンダニOtodectes cynotis)、rabbitright arrowサギショウセンコウヒゼンダニPsoroptes cuniculi)など、
 体表に感染するrabbitright arrowウサギズツキダニListrophorus gibbus)などがあります。
 また家庭でアレルギーの原因になるチリダニ、封を切った粉の中で増殖するコナダニもこの分類に入ります。
 
ヒゼンダニ科 
 皮膚の角質層に感染する小型のダニによって引き起こされる皮膚疾患です。体長は0.2-0.4mm位で耳介、足先など皮膚の薄い部分に感染します。特にイヌ、ネコの疥癬は人畜共通疾患として重要です。
 本院ではdogright arrowイヌtigerright arrowrabbitright arrowウサギchickright arrowセキセイインboarright arrowモルモットで診療経験があります。
 
 
ヒゼンダニ(疥癬)成虫と卵


犬ヒゼンダニ(疥癬)に刺されたオーナーの腕。
 
----------------------------------------------------------------------
キュウセンヒゼンダニ科
 耳疥癬、耳ダニとも呼ばれ、外耳道に寄生し、表面のカスや組織液を食べて生活しています体長は0.2-0.4mm位です。
本院では
イヌ、tigerright arrowネコrabbitright arrowウサギsnakeright arrowフェレットで診療経験があります。
 
 
キュウセンヒゼンダニ成虫とウサギの耳ダニ外観
 
----------------------------------------------------------------------
チリダニ科
  
 家庭内でアレルギーの原因(まくら、埃、畳)はチリダニがいます。
 
チリダニ科は布団、室内塵に生息しています。体長は0.4mmで屋内のダニの80-90%を占めます。ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニが代表的な種類です。ヒト、動物ともに皮膚を刺すことはありません。また誤って食してもヒト・動物には無害です。喘息、アトピー性皮膚炎の主要なアレルゲンとして注目を集めています。アレルゲンは虫体のみでなく、その死骸、糞関係するので、噴霧薬剤のみでは予防にはなりません。
 
 
 そこで掃除機にストッキングをまいて、1ヶ所に1分かけて掃除機をすることが大切です。またアイロンにストッキングをまいて熱でダニを殺傷する方法もあります。
布団や 枕周りは、じめじめするので繁殖しやすいため要注意です。外干しても日光のあたっていない部位にチリダニが移動するのみです。そのため減らすことでアレリギーの軽減はできますが、100%の駆除は不可能です。
以上の理由から動物用のアレルギーの検査によく含まれている項目です。
 
 オーナーの方は『私は綺麗好きで家の隅々まで掃除をするから、うちにはダニはいない。だからダニアレルギーはないと勘違いしている方がいました。先日NHKで放映された『ダニの番組でも綺麗好きで知られる漫画家のお宅からもチリダニは発見されました。埃1g中、2000-3000匹のチリダニがいると報告されています。これらアレルゲンは比重がおもく床に散乱しています。床材にはカーペットとフローリングがあります。以前はフローリングは安全という意見もありましたが、最近の研究では、フローリングは掃除機を使用する際、埃をまき散らすので、乳幼児やペットのように座高の低い位置で生活してる場合はアレリギーをおこしやすく注意が必要です。部屋に霧吹きをしてから掃除機をかけて、水滴をふき取りなどの作業が必要です。
 
----------------------------------------------------------------------
コナダニ科
 
 動物の診療には直接関係ありませんg、体長は0.4mm位で食品などに発生して質を落とします。『かつおぶし、クッキーなど輪ゴムをかけたままので保存すると多く発生しています。口の中に入れても少量なら、ヒトには無害ですが、保存状態が悪いと、お好み焼きの粉の中1g中に22800匹コナダニが発生して、アレルギー症状をおこした親子のケースも新聞で報道されています。お好み焼き、小麦粉などは粉を保存する場合は、2重にジップロックをして、冷蔵庫に保管することが大切です。
 
 
困ったことにこのコナダニはツメダニに食べられます。そのためコナダニのいるところにはツメダニは集まります。ツメダニはヒトの皮膚を刺すことがあります。
なおヒトのダニの分類では埃にいるツメダニは『ツメダニで、動物のrabbitright arrow皮膚角質層に寄生するツメダニケモノツメダニと分けられている本もあります。
 

dire前気門亜目

 ツツガムシ(Orientia tsutsugamushi)、dogright arrow犬ニキビダニDemodex canis)、rabbitウサギツメダニ(Cheyletiella parasitovorax)などがあります。

 ウサギツメダニはヒトも刺します。診療時、腕や足に丘疹(赤い点)が見られるオーナーもみかけます。
 
 ツメダニはright arrowmouseマウスでも診られます。
 

dire中気門亜目
 
 鳥類などで診られるワクモ、トリサシダニなどがあります。
 

calendarright arrow当院の診療カレンダー

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】

dogtigerright arrow犬猫用のノミ・ダニ製剤について
bookright arrowウサギ、モルモット、ハムスターに安全に使用できるノミ、マダニ製剤 
dogright arrow犬の診療
tigerright arrow猫の診療
rabbitright arrowウサギの診療
mouseright arrowハムスターの診療
snakeright arrowフェレットの診療
chickright arrow小鳥の診療
boarright arrowモルモットの診療


 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索