小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。
小鳥、ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモットと小動物の専門的な診療を続けてきた動物病院です。

2017.10.20更新

 オダガワ
snakeフェレツトの診療


snakeフェレツトの保定


 フェレットはこの持ち方がベストです。
---------------------------------------------------------------------

snakeフェレツトのジステンパー予防
 
フェレットは犬のジステンパーが共通なので、予防接種をおこなうことが得策です。
日本ではフェレット用のワクチンはありませんので、犬用で代用しています。犬用でも十分な抗体価は認められています。
本院では初年度は2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月の合計3回、2年目からは年1回の投与を薦めています。


 本院でフェレットに使用している犬ワクチン。
---------------------------------------------------------------------

snakeフェレツトのフィラリア予防

 フィラリアは蚊により感染する寄生虫疾患です。写真のような寄生虫が心臓に寄生します。フェレットはフィラリアに感染しやすい動物です。犬と同様、蚊のでるシーズンは予防が必要です。
犬同様な予防で可能です。本院ではノミの予防もかねて、下記のright arrowレボリューションでの予防をお勧めします。背中にたらすのみです。


  right arrow本院お勧めのフィラリア予防剤

 犬のフィラリア成虫。フェレットの心臓にはいったら1匹でも大変です。
---------------------------------------------------------------------

snakeその他フェレットの注意点

①異嗜が多い動物です。口にいれような物は付近におかないで下さい。
②人のカゼ・インフルエンザがうつります。家族がかかっているときは注意して下さい。
③アリューシャン病が10年ぐらい前より、日本にもはいっています。
抗体価・蛋白分画の測定は本院で可能です。アリューシャン病は残念ながら、かかった場合は有効な治療はありません。

snakeright arrowフェレットの診療 続きを読む

snakeup arrowフェレットの診療に戻る


calendarright arrow【当院の診療カレンダー】

padright arrow【当院への道順】


【関連記事】
dog犬の診療
tiger猫の診療
rabbitウサギの診療
mouseハムスターの診療
chick小鳥の診療


【break time】
あ
flower2百合(7月) ところざわゆり園

 

投稿者: オダガワ動物病院

entryの検索